デザイン思考によるイノベーション力向上研修|エディフィストラーニング

お問い合わせ・お申し込みはお気軽に「0120-876-544」

  • 研修コースをさがす
  • サービスをさがす
  • 新着情報
  • 無料セミナー/イベント情報

デザイン思考によるイノベーション力向上研修

経済産業省と特許庁が推進する「デザイン経営」宣言でも見られるとおり、企業競争力の向上にはイノベーション力の向上が欠かせない
ものとなってきています。
日本ではイノベーションは「技術革新」と翻訳されてきたことから発明とほぼ同義に考え、ハードルの高いものと捉えられている
ケースが多く見受けられます。
本来、イノベーションとは考え方であり、ハードルの高いものではありません。

「イノベーションとは発明のことではない。技術のみに関するコンセプトでもない。」(P.F.ドラッカー)

本コースでは、イノベーションとは何か、イノベーションを起こすためにはどのようなアプローチを取ればよいかを具体的に示していきます。
弊社でこれまでも開催してきた「デザイン思考研修」をリニューアルし、より実践的、具体的なアプローチでイノベーション力を高め、
企業競争力を向上を目指します。

※本コースは現状、1社向けでのご提供となります。
 2019年10月開催のオープンコースは既存のカリキュラムでのご提供となります。

1. 旧版からのリニューアル ポイント

I. イノベーションの定義、イノベーションを起こすためのポイントを再検討いたしました

イノベーションを起こすポイントは、「潜在的ニーズ」の掘り起こしであるとし、以下の2点を特に重点的にリニューアルしています。
 ・人間中心思考を重点項目としてカリキュラムを再構成
 ・「観察(オブザベーション)」のプロセスを細分化し、目的と手段を具体的に説明

II. デザイン思考のテーマを見直しました

もともとは「人々の幸せを協力して創造する」として研修を行ってきましたが、より業務に実践的に結びつくよう、
新たに「組織、個人の目的を踏まえて新しい満足(イノベーション)を生み出す」としてカリキュラムを改訂しています。

お問い合わせはこちらのフォームから

2. なぜ「イノベーション」が必要なのか

現代はモノがあふれ、機能や性能だけでは差別化できない時代

マーケットの主導権はユーザーに移り、企業はユーザーに選ばれる立場であり、今後もこうした傾向はますます強まっていくことでしょう。
企業においては「ユーザーが何を望んでいるか」「何に困っているか」といったユーザー視点で考えるなど、ユーザーに選んでもらうには
どうしたらよいかを考える時代になってきています。
ユーザーに根差して、ユーザー自身が気づいていない欲求を掘り起こして、新しい需要を創り出すイノベーションがますます必要と
なってきています。

DX(デジタル・トランスフォーメーション)

経済産業省から「DXレポート」が発表されました。
企業の成長、競争力の強化のために、新たなデジタル技術を活用して新たなビジネスモデルを創出・柔軟に改変するDX(デジタル・
トランスフォーメーション)の推進もまさにイノベーションがカギの一つとなります。

お問い合わせはこちらのフォームから

3. 「デザイン思考」とは?

「デザイン思考」は人間中心思考に基づいたイノベーションを起こすためのフレームワーク

「デザイン思考」は、下記の図のように、4つのマインドと3つのプロセスの組み合わせからなります。
「デザイン思考」は4つのマインドと3つのプロセスの組み合わせ

付箋紙を利用したブレインストーミング、粘土、段ボールなどのクラフトツールを利用したプロトタイピングなど、デザイン思考のプロセスやメソッドを活用してアイデアを出してはみたものの、イノベーションは起こせず、デザイン思考は難しい、使えないと判断しているケースが散見されます。
各プロセスや手法はデザイン思考特有のものではなく、エスノグラフィー、ラテラルシンキングなど一般的な手法を活用しています。
デザイン思考はそれらの手法をどのように活用するかを示した、マインドセットとプロセスを合わせたフレームワークです。手法ではなく『考え方』がポイントとなります。

「デザイン思考」と「イノベーション」の関係は?

デザイン思考のプロセス 右の図は、デザイン思考のプロセスを表しています。

イノベーションとは、「モノ」や「仕組み」などにおいて、これまでまったく
なかった新しい技術や考え方を取り入れて「新たな価値を生み出し、社会的に
大きな変化を起こす」ことをさします。
言い換えれば、顧客・ユーザー自身がまだ気づいていない欲求(潜在的欲求)を
掘り起こし、新しい需要を創り出す動きです。

デザイン思考とは「人間を中心に物事を考える」ためのフレームワークです。
人間(ユーザー)をじっくり観察することで理解し、それをもとにアイデアを
発想します。
人間を表面的な行動だけでなく、「相手になりきったときに初めて理解できる
心の動き」=「インサイト」をベースとしてアイデアを発想する「観察」、
このプロセスこそが「潜在的欲求」を掘り起こし、イノベーションに繋げる
鍵となります。

お問い合わせはこちらのフォームから

4. デザイン思考を習得するためのプロセス(研修の目的と目標)

「デザイン思考」習得までのプロセスと習得後に目指す姿
デザイン思考を学ぶ目的はイノベーションを起こせるようになること。
そのためには、自分たちでデザイン思考を活用しイノベーションを起こすための活動ができるようになることが必要です。

それには、手法を学べばできるというものではなく、経験してみることが重要となります。
研修で、マインドセット、手法を学び、その後身近な例で経験を重ねていくことが必要となります。

「Basic」でデザイン思考のマインドセットを学び、職場・家庭で「ワークショップ」を通じて経験を積み重ね、「Advance」で活用の幅を広げるためのメソッドを学ぶことを推奨します。

お問い合わせはこちらのフォームから

5. デザイン思考によるイノベーション力向上 研修の概要

項目|内容|

    • 研修名
    • デザイン思考によるイノベーション力向上 研修(Basic)
      ~顧客体験(CX)の質を向上させるために~
    • 概要
    • イノベーションは顧客、ユーザー自身がまだ気づいていない欲求(潜在的欲求)を掘り起こし、新しい需要を創り出す動きであり、デザイン思考は人間を中心とし、深いユーザーを理解を元にアイデアを発想し、アイデアをブラッシュアップしながら実現かするプロセスを示しています。
      本コースでは「“潜在的欲求”を掘り起こす」「アイデアを創出する」「アイデアを実現する」という3つのプロセスを踏まえながら、イノベーションを起こすために必要な考え方を学びます。
    • 目的
    • イノベーション、デザイン思考を理解し、イノベーションを起こすための活動を実施するための知識を得る
    • 目標
    • ・「イノベーション」「デザイン思考」の定義、目的を理解する
      ・デザイン思考のフレームワークの目的、意味を理解する
      ・活用するためのマインドセット、スキルを習得する
    • 受講対象者
    • 中堅層・若年層(多様な参加者がいたほうがGOOD)
    • 形式
    • 講義と演習
    • 日数
    • 2日間
    • 時間
    • 9:30~17:00

※コースの内容は、品質向上のため予告なく変更する場合がございます。

項目|内容|

    • 研修名
    • デザイン思考によるイノベーション力向上 研修(Advance)
      ~顧客体験(CX)の質を向上させるために~
    • 概要
    • Basic編、職場・家庭でのワークショップを通じて学んだデザイン思考を実践することを踏まえて、各プロセスで状況に応じた幅広い対応ができることに重点を置いて演習を実施します。
      各プロセスで活用するメソッド、ツールのバリエーションを増やし、特に「共感」「発散」「収束」「検証」の各プロセスでの対応の柔軟性を身に着けることを目指します。
    • 目的
    • 実践を踏まえ、活用するメソッドのバリエーションを増やし、各プロセスの対応に柔軟性を高め、自分たちの環境で使いこなす引き出しを増やす
    • 目標
    • ・「イノベーション」「デザイン思考」の定義、目的を再確認する
      ・各プロセスで状況に応じたメソッドのポイントと使い方を理解する
    • 受講対象者
    • 中堅層・若年層(多様な参加者がいたほうがGOOD)
    • 形式
    • 講義と演習
    • 日数
    • 2日間
    • 時間
    • 9:30~17:00

※コースの内容は、品質向上のため予告なく変更する場合がございます。

お問い合わせはこちらのフォームから

6. ワークショップ支援 概要

項目|内容|

    • 研修名
    • デザイン思考 実践ワークショップ
    • 概要
    • デザイン思考を学ぶ目的は、イノベーションを起こせるようになることです。
      そのためには自分たちでデザイン思考を活用し、イノベーションを起こすための活動ができるようになることが必要です。
      手法を学べばできるというものではなく、経験してみることが重要となります。
      研修でマインドセットや手法を学び、その後身近な例で経験を重ねていくことが必要となります。

      受講後、実際にワークショップを実践しようとしても、初めはうまく運営することが難しいケースも多いため、ワークショップ開催の準備、ファシリテーションの支援をご提供いたします。
    • 目的
    • 自分たちでデザイン思考のフレームワークを実践して活動できるようになる
    • 目標
    • ・ワークショップ開催の準備ができるようになる
      ・ワークショップのファシリテーションの流れを理解する
    • 受講対象者
    • ・ワークショップを実践推進する立場の方
      ・実際にワークショップに参加するメンバー
    • 形式
    • ワークショップ
    • 日数
    • 要相談
      (ワークショップ開催準備支援 + ワークショップ ファシリテーション支援)

※コースの内容は、品質向上のため予告なく変更する場合がございます。

お問い合わせはこちらのフォームから

デザイン思考によるイノベーション力向上研修

エディフィストラーニングHOME