導入事例|エディフィストラーニング

お問い合わせ・お申し込みはお気軽に「0120-876-544」

  • 研修コースをさがす
  • サービスをさがす
  • 新着情報
  • 無料セミナー/イベント情報

導入事例

キヤノンマーケティングジャパン株式会社

対象者 新入社員
ソリューション 新入社員研修

PDF版ダウンロード
PDFでもご覧いただけます

座学中心の研修からの新たな挑戦 現場で活かせるスキルを学ぶ新入社員研修


集合写真

日本国内におけるキヤノン製品及び関連機器を中心とした各種ソリューションを提供しているキヤノンマーケティングジャパン株式会社。ITソリューション力の強化や産業機器・医療分野における新規事業の確立などを目指した“Beyond CANON,Beyond JAPAN”を旗印に、さらなる成長に向けた様々な取り組みを加速している。

そのような同社では、キヤノングループ行動指針の原点となる「三自の精神」(自発・自治・自覚)に基づいて行動できる人材育成を目指した新入社員研修が毎年行われているが、配属された後の現場でも学んだことを存分に発揮できる実践的な研修が求められていた。エディフィストラーニングが持つ豊富なノウハウとビジネスシーンでの応用力が、同社の人材育成に一役買っている。

導入前の課題

現場で活かせるスキルの習得を目指して

キヤノンマーケティングジャパン株式会社 額田泰介氏

額田泰介氏

キヤノンマーケティングジャパン株式会社
人事本部 人事企画部 人材育成グループ 課長

毎年多くの学生が入社する同社では、ビジネスマンとしての知識を短期的に身につけるための研修が毎年行われているが、2013年度より新入社員教育を受け持つことになった人事本部 人事企画部 人材育成グループ 課長 額田泰介氏が目指したのは、各現場に配属されてから習得したスキルを実践させることだった。「2年前に私が新入社員研修を担当することが決まり、その年の春に入社した新入社員に研修についての率直な感想を求めたところ、“講師から教えてもらう学習スタイルの研修は大学の授業に似ており、ある意味慣れたやり方であまり刺激はなかった”という答えが返ってきました。昨今の若者は勉強することには慣れているようで、いわゆる“机上の空論”タイプが多い。残念ながら、職場に配属されてしまえば、そのスキルの使い方への応用は苦手なのか、研修で学んだ知識はゼロクリアになってしまっているのではないかと思いました。」と額田氏は振り返る。これまでの研修を見てみると、論理的思考などのベーシックなスキル研修などは、基本的にはインプットの多い座学が中心。そこで、最小限なインプットを反復練習することで実践的に使えるものにしたいと額田氏は考えたという。


そこで、これまで委託してきた研修会社に対してあらためてゼロベースで検討する旨を伝え、キヤノンマーケティングジャパンという会社が描く人材育成に必要なことを考え直すことになった。「過去は一度、否定して自分で考えるというのが私の仕事のやり方ですが、自分で考えて行動する“三自の精神”に則った行動とも言えます。特に、以前のやり方を踏襲するだけで“昨年はこうだったので今年もこうします”というのは、キヤノンの基本行動のひとつである『進取の気性』とは対極です。常に新たな視点で取り組むことが仕事を進める上での面白さだと考えています」と額田氏。

具体的な仕事のイメージが反映されていた研修プランを評価

額田泰介氏

 

そこで、企業向けのトレーニングメニューを持つ多くの研修会社に声をかけ、現場で役立つ実践的な研修スタイルを模索。各企業からの提案を精査する過程で額田氏が注目したのがエディフィストラーニングだった。「特に今回は、論理的な思考をフレームワークとして体系立てて学ぶだけでなく、それを仕事の中でどう活かせるのかを研修の中で身につけさせたいと考えました。その期待に応えてくれたのが、エディフィストラーニングだったのです」と額田氏。ある程度仕事を経験している人であれば、ケーススタディや抽象的な事象を自分の仕事と関連付けて考えることはできるだろう。しかし、新入社員は仕事の経験がなく、当然研修で学んだことを仕事と結び付けるのはできないものだ。「だからこそ、いわゆる中堅社員や管理職に対して行う研修以上に、仕事がイメージできる研修に仕上げる必要があります」と額田氏は話す。


エディフィストラーニングの研修プランは、提案段階から仕事としてイメージしやすい内容が盛り込まれており、検討していた内容と合致していた。「研修プランの内容が良かったことに加えて、エディフィストラーニングの中には、弊社の別の部門に対してコンサルティングを行っている部隊がいます。同じグループ会社という強みも活かしながら、様々な情報網から具体的な仕事のイメージを引き出せたのです」と評価する。特に、新入社員が行うであろう仕事の中で、論理的思考が活かされるシーンを具体的にイメージしたものがプランニングされていたという。


また、研修を実施する講師に対する安心感も大きなポイントに挙げている。「他社では研修開始までどんな講師が登壇するか分からないこともありますが、エディフィストラーニングでは検討段階からどんな経験を積んだ講師が登壇するのか明確です。正直に言えば、同じ研修内容でも講師によって大きく変わってくるため、我々にとって大きな安心材料でした。極論を言えば、講師で選んで内容はあとで詰めていっても何とかなってしまうことだってあるのです」と額田氏。経験が豊かでその実績が目に見えて分かるという部分で、エディフィストラーニングが持つ講師のタレント性を額田氏は高く評価した。


その結果、まず額田氏が担当した1年目は論理的思考やマーケティングに関するフレームワーク部分の研修を、2年目にあたる2014年度は、同じ研修内容に加えて、研修で学んだことを発揮するためのグループワークのファシリテーションも含めてエディフィストラーニングが担当することになる。

研修プログラム概要

ストーリー作りも含めた事前準備が成否を分ける

研修を成功に導くポイントとして額田氏は「どれだけ入念に準備できるかが、成否を分ける大きな部分です。もちろん講師の頑張りは必要ですが、そこに至るまでのプロセスがきっちりできていれば、あとは講師の力量でその成果を高めることができます。準備不足の場合、どれだけ講師が頑張っても方向性がズレてしまうことがあるのです」と事前準備の重要性を力説する。だからこそ、研修前の3月末まではできる限り顔を合わせてディスカッションする機会を設けたという。その際の対応についても、「新入社員が取り組むテーマやその進め方、目的に到達するためのストーリー作りなど研修に欠かせないプランを毎日アップデートしながら繰り返し議論するなど、最後まで真剣にお付き合いいただきました」とその真摯な対応を評価する。


今回グループワークで行ったテーマは、2021年における将来の会社の姿を考えるという内容であったが、このストーリー作りもしっかりと議論を積み重ねていくことができたと額田氏。「特に重要だと感じたのは、ストーリーを作ってお互いにしっかり共有することです。最終的な成果に繋げるためには、約2カ月の研修期間でどういうことをすべきなのか、次に何をするべきかということをお互いもイメージをすり合わせながら進むことが準備の段階ではとても大切です。ストーリーが共有できていれば、何か異なる方向に議論が進んでも、そのストーリーに合致しているかどうか確認しながら方向を修正することができます」。経験に基づいたアドバイスを含め、お互い遠慮することなく忌憚のないディスカッションができたと額田氏の評価も高い。

研修カリキュラム

入社~4月14日 社内研修
ビジネスマナー研修など
4月15日~4月21日 座学4研修を実施
「ロジカル・シンキング」、「ロジカル・コミュニケーション」
「マーケティング」、「アイデア発想法」
4月23日半日 グループワークの進め方を説明
グループワークの全体の流れを説明し、4月15日~21日の研修内容を活用しながら グループワークに取り組むようにと伝えた。
4月24日~5月20日 工場実習(自己啓発として宿舎で各グループで打合せを実施)
5月21日~5月29日 グループワークの資料作成
5月30日

人事部関係者(配属先の上司を含む)の前で、選ばれたグループのみがプレゼンテーションを実施。



参加者・人事部双方の導入効果

参加者視点

研修で学んだことを現場に活かしているという声が続々

外山氏

外山氏

キヤノンマーケティングジャパン株式会社
コンスーマ販売事業部
コンスーマ首都圏第一営業部
千葉販売課

千葉県を中心した家電量販店向けにキヤノン製品の販売支援を担当している外山氏。「講師自身の体験談や社会人としての心構えなど、いち社会人の先輩としての意見をたくさん聞かせていただいた感覚です」と研修の印象を語る。


研修では会話しながらロジカルシンキングを行うという部分で苦労した外山氏だが、「特に家電量販店の販売員の方は忙しいことも多く、限られた時間の中で的確に要件を伝える必要があります。研修中に繰り返し学んだことが、優先順位をつけた上で要点を絞ってコミュニケーションをすることに大きく役立っています」と研修の意義について語る。

鈴木氏

鈴木氏

キヤノンマーケティングジャパン株式会社
コンスーマ販売事業部
コンスーマ首都圏第三営業部
横浜販売第一課

また、横浜エリアの家電量販店を担当する鈴木氏は「論理的な思考や会話術を通じて学んだことを今の職場で活かしています。例えば販売員の皆さんに新製品の学習会などを企画することがあるのですが、短い時間でどう製品の良さを伝えるのか、ポイントを明確に絞って伝えることを意識できるようになりました」と意識の変化を分析する。その意識の変化が実際の仕事の成果となって表れているという。


「先日大きな店舗での説明会を任されたのですが、しっかりと要点が伝わるよう既存の資料を自分なりに組み立て直して発表したところ、先輩からは“その資料よくできているので使わせてもらえる?”と言われました。研修のときには苦労しましたが、論理的に考えることを繰り返し反復したおかげで自分の身になっているのがわかります」と鈴木氏は振り返る。

余氏

余氏

キヤノンシステムアンドサポート株式会社
東京営業本部 城東営業所 江東販売第二課

ビジネスソリューションカンパニーに配属され、半年間の営業実習を行っている余氏。今は江東区の担当エリア内で飛び込み営業を行っているが、特に研修で学んだのは目的を明確に意識することだという。「今は新規開拓の営業なので、アポイントなしで伺うことになります。そこで“売る”ことを目的にしてしまうと、話が続かなかったり怪訝な顔をされたりすることも。だからこそ、会話をしながらお客様の愚痴や悩みを拾い上げ、何か改善に繋がるお手伝いをする、ということを目的にするよう意識しています」と余氏。


日々改善することを意識した結果、他社の機器を導入してまだ1年未満しか経過していないお客様から、余氏がオススメした複合機とプリンターに入れ替えていただくことができたと喜びを隠せない。

村木氏

村木氏

キヤノンシステムアンドサポート株式会社
東京営業本部 渋谷営業部 渋谷販売第二課

同じく渋谷エリアで営業実習を行っている村木氏は、ロジカルに考えることを営業のアプローチトーク作りに活かしているという。


「飛び込みで訪問した際に、いきなり製品の説明をしてもわかってもらえませんし、担当者が不在のことも多いものです。そういったときのために、状況に応じたアプローチトークを作っているのですが、そこでロジカルに話の展開を考えるようにしています。わからない人が出てきたときにもどう話を持っていけば興味を持っていただけるのか、ということを常に意識しながら考えています」と村木氏は学んだことを現場で活かすよう工夫を凝らしている。

人事部視点

研修時に重要となる臨機応変な対応を高く評価

新入社員インタビュー

実際の研修期間中について額田氏は「研修を行っている間も一緒になって真剣に考えてくれたのは大変助かりました。経験に裏付けられた引き出しがきちんとあるからだと思いますが、修正して欲しい点があればその場で臨機応変に対応いただくことができました」と講師の対応を評価する。


また、3つの教室を使って同時進行でグループワークを行っていたが、それぞれ分担しているグループの進捗状況を共有しながら、状況を見極めていったという。「各グループのアベレージを上げていくために、どんな刺激を議論の中に入れていくのかといったことを柔軟に対応いただくことができました。こちらの期待を伝えることで、それに近づける努力をしていただけたのは大変感謝しています」と額田氏。


実際のグループワークでは、軌道修正するシーンもいくつかあった。「特に今回の研修は未来の会社の姿を考えることをテーマにしましたが、多くのグループから夢物語が語られました。もちろんそれも必要ですが、夢物語には理由が必要なのです。そのためにマーケティングのフレームワークを組み込んだのですが、途中のアイデアが小さかったり足元があやふやだったりするところが多かった。もちろんその状況は想定内ではあるものの、状態をつぶさに判断しながら、新入社員たちにわかりやすい言葉で伝えるなど、いろいろ現場で工夫していただけて本当に良かった」と額田氏は評価する。

今後の展望

研修と職場でスキルが還流できる関係作りへ

今後について額田氏は「新入社員研修という部分においては、研修を通して仕事がある程度見えるだけでなく、現場に配属されてもギャップがないようにこれからも行っていきたい。そして、結果として研修の内容を振り返ることで仕事の課題が解決できるような、研修と職場で還流していける関係を、エディフィストラーニングと知恵を絞りながら作っていければと考えています」と語る。なお、新入社員研修以外にも、ビジネスアカデミーと呼ばれる35歳以下の若手社員への研修プログラムを運営しているが、その場面でもエディフィストラーニングのビジネススキル研修を活用している状況だ。


また研修如何に関わらず、できる限り情報交換やディスカッションを行いながら、エディフィストラーニングとともにキヤノンマーケティングジャパンとして必要な人材育成に邁進していきたいと額田氏。パートナーとして共に成長していきながら、現場に即した研修の姿を互いに共有していきたいと今後について語っていただいた。

お客様情報


会社名 キヤノンマーケティングジャパン株式会社
本社 東京都港区港南2丁目16番6号
Webサイト http://cweb.canon.jp/corporate/
社員数 連結 18,409名 単独 5,480名(2013年12月31日現在)
資本金 733億3百万円
事業内容 キヤノン製品ならびに関連ソリューションの国内マーケティング


(本ページに記載の所属部署・役職は取材当時のものです)



お問い合わせ

上記事例に関するご相談など、お気軽にお問合せください。

エディフィストラーニング株式会社

フリーダイヤル0120-876-544

フリーダイヤルがつながらない場合:03-3282-1311

オンラインでのお問い合わせはこちら

エディフィストラーニングHOME