Microsoft Azure ソリューションの開発 ~ Azure PaaS 対応 ~|人材育成・研修のエディフィストラーニング

お問い合わせ・お申し込みはお気軽に「0120-876-544」

  • 研修コースをさがす
  • サービスをさがす
  • 新着情報
  • 無料セミナー/イベント情報

コースコード|コース名

  • #23532S
  • Microsoft Azure ソリューションの開発 ~ Azure PaaS 対応 ~

  • 期間
  • 3日
  • 時間
  • 09:30~17:30
  • 税抜価格
  • 170,000円
印刷する

コース概要

・このコースでは、既存のWebアプリケーションをAzureに移行する際の機能やサービスを説明します。

・Azure リソースマネージャを使用して、次のサービスを構成および管理する方法を解説します。
 - Webアプリケーションの設定と展開。
 - ギャラリーからAzure Web Appsを作成する。
 - Azure Web Appsの導入と監視。
 - ストレージアカウントの作成と管理。
 - ストレージアカウント内のBLOBとコンテナを管理する。
 - SQLデータベースインスタンスの作成、構成、および接続。
 - SQLスタンドアロンデータベースのインポート。

【到達目標】
・Azureプラットフォーム上にASP.NET Webアプリケーション展開し、公開できる
・Azureのデータ格納サービス(Azure SQLデータベース、ストレージサービス、Cosmos DBなど)を構築、使用できる
・コマンドを使用したAzure サービスの展開ができる

※ 本コースは、マイクロソフト認定トレーニングである最新英語版の #20532D(5日間)コースから、Microsoft AzureのPaaSを中心とした技術トピックを抜粋した、3日間の短縮コースです。

担当トレーナーからのひと言

Azure PaaSは、クラウドベースのアプリケーション開発から運用までの様々な機能を持つフレームワークを提供します。
従来のオンプレミス環境におけるアプリケーションを、そのままAzure環境で動作させることも可能ですが、 高可用性やスケーラビリティをサポートする機能、データベースやストレージなどのデータストアサービスを利用することにより、 これまで以上の高い開発生産性や運用コストの削減が期待できます。

Azureサービスの特徴は何か、どのような手段で実装できるのか、開発したアプリケーションをどのように配置して動作させていくのかを、 講義と演習を通してしっかりと身につけることができます。

前提条件
  • 仮想化技術の基礎知識がある:仮想マシン、仮想ネットワーク、仮想ハードディスク
  • ネットワークの基礎知識がある:TCP/IP、DNS、仮想プライベート ネットワーク、ファイアウォール、および暗号化
  • Visual Studio を使用して ASP.NET Webアプリケーションの開発ができる
  • C#の基礎構文を理解している
  • リレーショナルデータベースの基礎知識がある
対象者
  • 情報技術 (IT) 担当者でクラウド技術の基本的な知識を有していて、Microsoft Azureについて、より詳しく知りたい方
  • Microsoft Azure上で、サービスや仮想マシンの展開/構成を行う、IT技術者およびIT担当者
  • オンプレミスで動作しているWebアプリケーションのAzureプラットフォームへの移行を検討している開発者
コース内容
    1. Azure プラットフォームの概要

    2. Azure プラットフォームでのWebアプリケーションのホスト

    3. Azure SQL データベースサービス

    4. Azure 非構造化ストレージサービス

    5. Azure ファイルストレージサービス

    6. キューとサービスバスの使用

    7. Azureリソース構築の自動化

    8. Azure Webアプリケーションのセキュリティ

  • SA特典

    こちらのコースでは「SAトレーニング受講券」がご利用いただけます。

一社向けに特別指定コースとして実施可能です。ご相談ください。【講習会受付担当】0120-876-544

メールでのお問い合わせはこちら

Microsoft Azure ソリューションの開発 ~ Azure PaaS 対応 ~

エディフィストラーニングHOME