SQL Server 2012 Analysis Services によるセルフサービス BIの実現 (1Day)|人材育成・研修のエディフィストラーニング

お問い合わせ・お申し込みはお気軽に「0120-876-544」

  • 研修コースをさがす
  • サービスをさがす
  • 新着情報
  • 無料セミナー/イベント情報

コースコード|コース名

  • MSBI010
  • SQL Server 2012 Analysis Services によるセルフサービス BIの実現 (1Day)

  • 期間
  • 1日
  • 時間
  • 10:00 ~ 17:30
  • 税抜価格
  • 60,000円
特記事項
トレーニングの進行状況により、 終了時刻が若干前後する場合がございます。
印刷する

コース概要

このコースでは、Excel の 標準機能であるPivot コントロールを使用したビジネス データの分析の問題点について確認します。
その問題点を解決するため、SQL Server 2012 Analysis Services の新機能の表形式モードのデータベースを作成し、BI Semantic Model の定義や設定、DAXを使用したクエリなどを確認します。
さらに、SharePoint 統合のAnalysis Services と SharePoint 統合のReporting Services を使用した Web ブラウザー ベースのレポート ツール 「Power View」の使用方法を確認します。
※このコースは、SAトレーニング受講券対象外です。

担当トレーナーからのひと言

今まで難しいと思われてSQL Server Analysis Services を導入していなかった方でも、SQL Server 2012 の Analysis Services の新機能の表形式モードを使用することで、容易に高速に分析できる環境を構築できることをステップバイステップで確認することができます。

前提条件
  • 基本的な SQL 文を理解していること
  • OLAP キューブに関する基本知識を有すること
  • SQL Server の管理ツールの使用に慣れていること
対象者
  • OLAP 分析のためのソリューションの設計・開発・運用を行う BI デベロッパ、IT プロの方々
コース内容
  • 第1章 ビジネス データ分析の問題点と SQL Server 2012 BI ソリューション

 この章では、DWH をデータソースにして Pivot コントロールで分析する際の問題点を確認し、より分析しやすいデータ構造にするための BI ソリューションの構築の概要について確認します。

  • 第2章 表形式モードのAnalysis Services データベースの作成

 この章では、表形式モードのAnalysis Services データベースを作成する方法を確認します。
 また、複数のデータソースを結合する方法や、DAXを使用したメジャーや計算列の追加について確認します。

  • 第3章 表形式モードのAnalysis Services データベースの配置と運用

 この章では、セキュリティの設定やパーティション分割の設定方法を確認します。

  • 第4章:BI Semantic Model 接続を使用したPower View レポートの作成

 この章では、SharePoin のサイトに BI Semantic Model 接続を作成し、Power View レポートを作成する方法を確認します。


※より良い内容をご提供するため、アジェンダは変更される場合があります。

※終了時間は、若干前後する場合がございます。

一社向けに特別指定コースとして実施可能です。ご相談ください。【講習会受付担当】0120-876-544

メールでのお問い合わせはこちら

SQL Server 2012 Analysis Services によるセルフサービス BIの実現 (1Day)

エディフィストラーニングHOME