AZ-010 Azure Administration for AWS SysOps|人材育成・研修のエディフィストラーニング

お問い合わせ・お申し込みはお気軽に「0120-876-544」

  • 研修コースをさがす
  • サービスをさがす
  • 新着情報
  • 無料セミナー/イベント情報

コースコード|コース名

  • MSCAZ010
  • AZ-010 Azure Administration for AWS SysOps

  • 期間
  • 2日
  • 時間
  • 9:30-17:00
  • 税抜価格
  • 120,000円
特記事項

会場が「遠隔研修(スタジオ1)」と記載されている日程については、オンラインライブでの開催となります。
環境確認が必須となりますので、詳細は「注意事項」の項目をご覧ください。

開始日|税込価格|会場|キャンペーン|お申し込み

    • 11/8(月)
    • 132,000円
    • 遠隔研修(スタジオ1)
    • 申し込む
    • 1/31(月)
    • 132,000円
    • 遠隔研修(スタジオ1)
    • 申し込む
印刷する

コース概要

このコースは、AWSの経験のある方が、新たにAzureを短期間で習得できるよ うに設計されたコースです。
このコースでは、AzureとAWSの機能を比較しながら、「Azure管理者」に必要な以下のことを、講義と演習を通じて解説します。

・Azure ID
(主要トピック)
  ・AzureとAWSのユーザー管理の違い
  ・Azureのロールベースアクセス管理、ポリシー管理
  ・Azure Active Directory

・Azure Administration
 (主要トピック)
  ・Azureのリソースグループ
  ・Azure Portal、コマンドライン

・Azure ネットワーク
 (主要トピック)
  ・Azure Virtual Network、VPN接続、ピアリングの構成
  ・AzureとAWSのサブネットやフィルタリングの違い

・Azure Compute
 (主要トピック)
  ・Azure 仮想マシンの作成
  ・AzureとAWSの障害分離方式の違い(可用性セット/可用性ゾーン)
  ・Azureの監視機能

・Azure Storage
 (主要トピック)
  ・ストレージアカウントの作成
  ・共有ファイルの作成

担当トレーナーからのひと言

AzureとAWSは同じクラウドシステムであり、AWSで提供される多くの機能は、Azureでも提供されています。
しかしながら、実装面での特徴には違いは多く見られるため、戸惑う方も多いのではないでしょうか。

この講座では、AWSに慣れ親しんだ方が、Azureを短期間で習得できるように構成いたしました。
特に、AzureとAWSで実装上の考え方が違う箇所や、Azureならではの考え方が必要なところに重点を置いて解説いたします。

また、演習手順書は「Portal」と「コマンド」双方からアプローチする構成としており、GUI、CUI双方の操作に慣れていた だくことが可能です。

前提条件
    次の基礎知識およびご経験がある方
  • AWS(Amazon Web Services)のご経験があり、クラウドの基礎知識を有する方
  • ネットワーク(TCP/IP、DNS等)の基礎知識を有する方


  • ※想定するAWSのご経験について
     以下の操作経験、もしくは基礎知識を有する、おおむね3か月以上のご経験のある方を想定しています。
      ・EC2の作成/監視/設定変更のご経験
      ・VPCの作成/設定変更のご経験
      ・Amazonアカウント、IAMユーザーの作成/設定変更のご経験
対象者
  • AWSの基本的な知識を有し、Azure IaaS の主要サービスについて、詳しく知りたい IT エンジニア
コース内容

1: Azure ID
・Azure Active Directory
・ユーザーとグループ
・ロールベースアクセス制御
・Azure Policy
・Azure AD Connect 他

2: Azure 管理
・リソースマネージャー、リソースグループ
・Azure Portal
・Azure PowerShell
・Azure CLI 他

3: Azure ネットワーク
・仮想ネットワーク
・セキュリティーグループ
・Virtual Netwrokピアリング
・ロードバランサー 他

4: Azure コンピューティング
・Azure 仮想マシン
・可用性ゾーン
・可用性セット
・Azure Monitor 他

5: Azure ストレージ
・ストレージアカウント
・Blobストレージ
・ファイル共有
・共有アクセス署名 他

【到達目標】
Azureの仮想マシン、仮想ネットワーク、ストレージ、Azure Active Directoryなど、Azureインフラストラクチャの実装の基礎を理解し、Azure上位コースの前提となる技術を習得すること。

注意事項

【オンラインライブ開催】
オンラインクラスにお申込みの方は、下記環境をご確認のうえ、お申込みをお願いいたします。
お申込みいただいた時点で、環境確認がなされたものと判断させていただきます。


・PC およびインターネット環境はお客様にご用意いただきます。
  サポート OS : Windows 10 x64 Ver1607 日本語版以降
  サポート ブラウザ : Microsoft Edge、Chrome、Firefox
・ハンズオン演習がお客様のPCで実施可能かを確認するため、下記URLよりPDFをダウンロードして、事前に接続可能なことを確認できましたらお申込みください。
 MSCAZ010の事前確認PDFファイル
  上記の環境テストの手順書PDFの概要は下記となります。
   1 オンライン会議ツールのアクセス テスト
   2 Windows 仮想マシンへの RDP 接続テスト
・演習で使用するメイン PC に追加して、2 台めの PC モニタ、もしくは、PC やタブレット端末をご用意いただくことを強く推奨いたします。
 これは、講師の画面を表示しながら、演習やチャットを行うためです。

※ 社内のイントラネットからアクセスする場合は、通信ポート(RDPポート:3389)の制限により、演習が実施できない事象が発生しております。この場合、演習を行うことができません。
※ 社内の PC を使用している場合、アプリケーションのインストールなどができないように制限が加えられている場合があります。この場合、演習を行うことができません。
上記の環境テストの接続が失敗する場合や必要なアプリケーションがインストールできない場合は、ご自宅など制限のないネットワークでのご受講をご検討ください。


開催会場による違いは下記となります。
【共通】
・コースで使用するテキストは、エディフィストラーニングがご用意いたします。
・コースで使用する Azure アカウントはエディフィストラーニングがご用意いたします。

【八重洲会場開催】
・PC およびインターネット環境は、エディフィストラーニングがご用意いたします。

一社向けに特別指定コースとして実施可能です。ご相談ください。【講習会受付担当】0120-876-544

メールでのお問い合わせはこちら

AZ-010 Azure Administration for AWS SysOps

エディフィストラーニングHOME