AZ-303 Microsoft Azure Architect Technologies (短縮4日)|人材育成・研修のエディフィストラーニング

お問い合わせ・お申し込みはお気軽に「0120-876-544」

  • 研修コースをさがす
  • サービスをさがす
  • 新着情報
  • 無料セミナー/イベント情報

コースコード|コース名

  • MSCAZ303
  • AZ-303 Microsoft Azure Architect Technologies (短縮4日)

  • 期間
  • 4日
  • 時間
  • 09:30~17:30
  • 税抜価格
  • 260,000円
特記事項
本コースは現在オンライン形式で開催しております。
下記 URL より PDF をダウンロードし、事前に演習環境に接続可能なことをご確認の上、お申込みください。 事前確認PDFファイル

開始日|税込価格|会場|キャンペーン|お申し込み

印刷する

コース概要

・「Azure ソリューション アーキテクト」に必要な知識を習得する、IT 技術者向けのコースです。
 - 「Azure ソリューション アーキテクト」とは、コンピューティング、ネットワーク、ストレージ、セキュリティなどの側面を含む、Azure で実行されるソリューションの設計と実装に関する専門知識を持ち、クラウド管理者、クラウド データベース管理者、および お客様と協力し、ソリューションを実装できるエンジニアのことです。「Azure ソリューション アーキテクト」には、Azure の管理、開発、セキュリティ、DevOps のスキルが求められます。

・本コースは、AZ-104、AZ-204、AZ-500 の範囲を理解していることを前提とし、さらに一歩踏み込んで、Azure の管理、開発、セキュリティの高度な実装について解説する、Azure 中級者 ~ 上級者向けのコースです。詳細は、<前提条件> をご確認ください。

・本コースは「Microsoft 認定試験 『AZ-303 Microsoft Azure Architect Technologies』 試験対策セミナー」の前提となるコースです。

※ 本コースは、マイクロソフト認定コース「AZ-303 Microsoft Azure Architect Technologies」(5日間)の短縮コースです。
※ テキストは、デジタル テキスト(Skillpipe)を使用します。
※ 演習で使用する Azureアカウントは、エディフィストラーニングがご用意します。

担当トレーナーからのひと言

AZ-303 は、AZ-104、AZ-204、AZ-500 の知識を組み合わせ、さらに一歩踏み込んだ高度な実装スキル、および、AZ-304 の設計コースに必要な実装スキルを学習します。Azure の管理、開発、セキュリティといった非常に広い範囲を解説するため、講義が中心になります。4日間、Azure の世界にじっくり浸ってください。

本コースのハンズオン演習では、Azure ポータルの UI は使用せず、Azure Cloud Shell、ARM テンプレート、Azure Power Shell スクリプト、Azure CLI コマンドなどを使用し、さまざまなAzure リソースを一括でデプロイしていきます。

このコースに対応している「AZ-303 Microsoft Azure Architect Technologies」 認定試験と 「AZ-304 Microsoft Azure Architect Design」認定試験に合格すると、Microsoft の「Azure Solutions Architect Expert」認定を取得できます。本コースの内容は、AZ-304 認定コースの前提となっています。

以下のページでは、AZ-303 の前提となる AZ-104、AZ-204、AZ-500 に関する、Azure 学習のモデルコースについてわかりやすく説明しています。是非「Microsoft Azure の学び方」をご覧ください。AZ-303 の前提コースの範囲を、視覚的に把握していただけます。

■Microsoft Azure の学び方■

前提条件
  • ● 次の3 つのコースを受講している方
  •  - 「AZ-104 : Microsoft Azure Administrator」
  •  - 「AZ-204 : Developing Solutions for Microsoft Azure」
  •  - 「AZ-500 : Microsoft Azure Security Technologies」
  • ● または、具体的には、次の知識および操作を行える方
  •  - Azure サブスクリプションのガバナンスの構成(Azure ポリシー、RBAC)
  •  - Azure Active Directory(Azure AD)テナントの基本概念および基本操作
  •  - Azure ポータルおよび Azure Cloud Shell の基本操作
  •  - ARM テンプレートのデプロイ、Azure Power Shellスクリプトの実行、Azure CLI の実行
  •  - 次の Azure リソースの作成および構成
  •   仮想ネットワーク、ピアリング、VPN ゲートウェイ、ユーザー定義ルート、
  •   ネットワーク セキュリティ グループ(NSG)、ストレージ アカウント、Azure SQL DB、
  •   Azure 仮想マシン、Load Balancer、スケール セット、可用性セット、可用性ゾーン、
  •   App Service、コンテナ(ACR、ACI、AKS)、Azure Key Vault、マネージド ID、
  •   Azure Backup、Azure Site Recovery、Azure モニター、Log Analytics など
  •  - Windows Server の基本操作
対象者
    Azure システムの提案/設計/構築者、および 「Azure Solution Architect」認定を目指す IT 技術者
対応試験
AZ-303 Microsoft Azure Architect Technologies
コース内容

1. Azure Active Directory の実装
 (Azure AD テナント、Azure MFA、条件付きアクセス、Azure AD Identity Protection、PIM)
2. ハイブリッド ID の実装と管理
 (Azure AD Connect)
3. 仮想ネットワークの実装
 (仮想ネットワーク、ピアリング、VPN 接続)
4. Windows および Linux VM の実装
 (可用性、拡張性、暗号化)
5. 負荷分散とネットワーク セキュリティの実装
 (Load Balancer、Application Gateway、WAF、Front Door、Traffic Manager、Firewall、
  ネットワーク セキュリティ グループ、Azure Bastion)
6. ストレージ アカウントの実装
 (Blob ストレージ、Shared Access Signature、Azure AD 認証、AzCopy、
  サービス エンドポイント、プライベート リンク)
7. NoSQL データベースの実装
 (テーブル ストレージ、Cosmos DB)
8. Azure SQL Databases の実装
 (Azure SQL DB、Azure SQL Managed Instance)
9. リソースのデプロイと構成の自動化
 (ARM テンプレート、イメージ、Automation Runbook)
10. Azure のガバナンス ソリューションの実装と管理
 (RBAC、Azure AD アクセス レビュー、Azure ポリシー、Azure Blue Print)
11.アプリケーション セキュリティの管理
 (プリンシパル、マネージド ID、アプリ登録、Azure Key Vault)
12. Azure でのワークロードの管理
 (Azure Migrate、Azure Site Recovery)
13.コンテナーベース アプリケーションの実装
 (Azure Container Registry、Azure Container Instance、Azure Kubernetes Service)
14.アプリケーション インフラストラクチャ監視の実装
 (App Service、Web App for Containers、ネットワーク統合、デプロイ スロット、
  Azure Functions、Azure Logic Apps)
15.クラウド インフラストラクチャ監視の実装
 (Azure モニター、Log Analytics、Azure Security Center、Network Watcher、
  Application Insights、コスト監視)

※ 内容は、予告なく変更される場合があります。

  • 【到達目標】
  • 以下の項目を理解し、「Azureソリューションアーキテクト」のレベルで必要な実装スキルを習得できます。
  • ・コンピューティング
  • ・ネットワーキング
  • ・ストレージ
  • ・IDとアクセス管理
  • ・データ プラットフォーム
  • ・アプリケーションインフラストラクチャ
注意事項

会場による違いは、下記となります。

【共通 : オンライン遠隔研修と八重洲会場】
・コースで使用するマイクロソフト認定テキストは、デジタル テキスト(Skillpipe)を使用します。
・コースで使用する Azure アカウントは、エディフィストラーニングがご用意します。

【オンライン遠隔研修開催】
オンライン クラスにお申込みの方は、下記環境をご確認のうえ、お申込みをお願いいたします。
お申込みいただいた時点で、環境確認がなされたものと判断させていただきます。


・PC およびインターネット環境は、お客様にご用意いただきます。
サポート OS : Windows 10 x64
サポート ブラウザ : Microsoft Edge、Chrome、Firefox

・ハンズオン演習がお客様の PC およびネットワークで実施可能かを確認するため、下記 URL より PDF をダウンロードし、事前に演習環境に接続可能なことを確認できましたら、お申込みください。
 ■MSCAZ303の事前確認PDFファイル

上記の環境テストの手順書 PDF の概要は、下記となります。
1. オンライン会議ツールへの接続テスト
2. Azure ポータル(https://portal.azure.com)への接続テスト
3. Azure Cloud Shell への接続テスト
4. Windows 仮想マシンへのリモートデスクトッ(RDP)接続テスト

※ 社内のイントラネットからアクセスする場合、通信ポート(RDPポート:3389)の制限により、ハンズオン演習が実施できない場合があります。また、社内の PC を使用している場合、アプリケーションなどのインストールができないように制限が加えられている場合があります。この場合、演習を行うことができません。上記の環境テストの接続が失敗する場合、およびアプリなどをインストールできない場合は、ご自宅のネットワークなど制限のない環境でのご受講をご検討ください。

・ハンズオン演習用で使用するメイン PC のほか、2 台目の PC モニターもしくは 2 台目の PC、タブレット端末などをご用意いただくことを強く推奨いたします。これは、講師の画面を表示しながら、演習を行ったり、デジタル テキストを表示したりするためです。

【八重洲会場開催】
・PC およびインターネット環境は、エディフィストラーニングがご用意します。

一社向けに特別指定コースとして実施可能です。ご相談ください。【講習会受付担当】0120-876-544

メールでのお問い合わせはこちら

AZ-303 Microsoft Azure Architect Technologies (短縮4日)

エディフィストラーニングHOME