AZ-304 Microsoft Azure Architect Design (短縮 3 日)|人材育成・研修のエディフィストラーニング

お問い合わせ・お申し込みはお気軽に「0120-876-544」

  • 研修コースをさがす
  • サービスをさがす
  • 新着情報
  • 無料セミナー/イベント情報

コースコード|コース名

  • New
    MSCAZ304
  • AZ-304 Microsoft Azure Architect Design (短縮 3 日)

  • 期間
  • 3日
  • 時間
  • 9:30-18:00
  • 税抜価格
  • 195,000円
特記事項

会場が「遠隔研修(スタジオ1)」と記載されている日程については、オンラインライブでの開催となります。
環境確認が必須となりますので、詳細は「注意事項」の項目をご覧ください。

開始日|税込価格|会場|キャンペーン|お申し込み

    • 5/26(水)
    • 214,500円
    • 遠隔研修(スタジオ1)
    • 申し込む
    • 6/23(水)
    • 214,500円
    • 遠隔研修(スタジオ1)
    • 申し込む
    • 7/19(月)
    • 214,500円
    • 遠隔研修(スタジオ1)
    • 申し込む
    • 9/13(月)
    • 214,500円
    • 遠隔研修(スタジオ1)
    • 申し込む
印刷する

コース概要

このコースでは、ソリューションアーキテクトがビジネス要件を安全でスケーラブルで信頼性の高いソリューションに変換する方法を学びます。
レッスンには、ロギング、コスト分析、認証と承認、ガバナンス、セキュリティ、ストレージ、高可用性、および移行に関連する設計上の考慮事項が含まれます。
このロールには、設計ソリューション全体に影響を与える複数の領域での決定が必要です。

前提条件
    Azure ソリューションアーキテクトは、オペレーティング システム、仮想化、クラウド インフラストラクチャ、ストレージ構造、およびネットワーキングに関する経験をベースに、このロールを開始することができます。

  • 仮想マシン、仮想ネットワーク、仮想ハードディスクなど仮想化テクノロジーに関する基本知識
  • TCP/IP、DNS、VPN、ファイアウォール、暗号化技術などのネットワーク構成の基本知識
  • ドメイン、フォレスト、ドメインコントローラー、レプリケーション、Kerberosプロトコル、LDAP などの Active Directory の基本概念
  • バックアップ、および復元操作を含む回復と災害復旧に対する基本知識
  • Web アプリケーション、データベース サーバーに対する基本知識
対象者
    このコースは、Microsoft Azure で実行されるソリューションの設計と実装に関する専門知識を持つ IT プロを対象としています。
    ネットワーク、仮想化、ID、セキュリティ、ビジネス継続性、災害復旧、データプラットフォーム、予算編成、ガバナンスなど IT 運用に関する幅広い知識が必要です。
    Azure ソリューション アーキテクトは、Azure ポータルから始めて、熟練するとコマンド ラインインターフェイスを使いこなして、効率よく作業できるようになります。
    Azure 管理者としてのスキルを持ち、Azure の開発プロセス、および、 DevOps プロセスでの作業経験をお持ちであることが望ましいです。
コース内容

1. コンピューティング ソリューションの設計
2. ネットワーク ソリューションの設計
3. バックアップとリカバリの設計
4. 移行の設計
5. コスト最適化のための設計
6. アプリケーション アーキテクチャ設計
7. ストレージ アカウントの設計
8. データベースソリューションの設計
9. 高可用性の設計
10. データ統合の設計
11. 認証と承認の設計
12. アプリケーション セキュリティの設計
13. ログと監視のためのソリューション設計

    【到達目標】
  • コンピューティング管理を自動化するソリューションを理解します。
  • 仮想マシン、コンテナー サービス、App Services などのコンピューティングテクノロジーを理解し、推奨できるようになります。
  • ARM テンプレートや Automation を使用した展開ソリューションを推奨できるようになります。
  • プライベートエンドポイント、ファイアウォール、ゲートウェイを含むネットワークセキュリティ構成を理解します。
  • VNet 間、インターネット、オンプレミスネットワークへの接続に関する推奨事項を理解します。
  • ロードバランシングとトラフィックルーティングに関する推奨事項を理解します。
  • 回復目標を達成する Azure ハイブリッドおよびオンプレミスワークロードのソリューションを推奨できるようになります。
  • データアーカイブのストレージタイプと方法論を推奨できるようになります。
  • オンプレミスのサーバーとアプリケーションの移行方法を評価できるようになります。
  • VM とアプリケーションを移行するソリューションを提案できるようになります。
  • Azure Monitor や Azure Sentinel で Azure リソースを監視し、分析できるようになります。
  • アプリケーションのデザイン パターンを理解します。
  • Azure Blob Storage アクセス層を理解したデータライフサイクルを設計できるようになります。
  • データ層の可用性と信頼性を考慮した設計を行えるようになります。
  • データベースサービス層のサイジングを理解できるようになります。
  • コストを考慮した設計が行えるようになります。
  • 管理グループとサブスクリプションの階層を理解し、カスタム RBAC ロールの定義と割り当ての構成が可能になります。
  • Azure Key Vault による認証と承認を理解し、リソースを保護できるようになります。
  • 高可用性のためのストレージの種類を理解し、ワークロードの地理的冗長性のためのソリューションを推奨できるようになります。
注意事項

【オンラインライブ開催】
オンラインクラスにお申込みの方は、下記環境をご確認のうえ、お申込みをお願いいたします。
お申込みいただいた時点で、環境確認がなされたものと判断させていただきます。


・PC およびインターネット環境はお客様にご用意いただきます。
  サポート OS : Windows 10 x64 Ver1607 日本語版以降
  サポート ブラウザ : Microsoft Edge、Chrome、Firefox
・ハンズオン演習がお客様のPCで実施可能かを確認するため、下記URLよりPDFをダウンロードして、事前に接続可能なことを確認できましたらお申込みください。
 ■MSCAZ304の事前確認PDFファイル
  上記の環境テストの手順書PDFの概要は下記となります。
   1 オンライン会議ツールのアクセス テスト
   2 Azure Lab Services へのサインイン
   3 Windows 仮想マシンへの RDP 接続テスト
・演習で使用するメイン PC に追加して、2 台めの PC モニタ、もしくは、PC やタブレット端末をご用意いただくことを強く推奨いたします。
 これは、講師の画面を表示しながら、演習を行ったり、電子テキストを表示したりするためです。
・ Mac PCをご利用の方は、以下アプリのご利用をお願いします。
  Mac用「Microsoft Remote Desktop」アプリ
  https://pc-karuma.net/mac-app-microsoft-remote-desktop-10/

※ 社内のイントラネットからアクセスする場合は、通信ポート(RDPポート:49152~65535)の制限により、演習が実施できない事象が発生しております。この場合、演習を行うことができません。
※ 社内の PC を使用している場合、アプリケーションのインストールなどができないように制限が加えられている場合があります。この場合、演習を行うことができません。

上記の環境テストの接続が失敗する場合や必要なアプリケーションがインストールできない場合は、ご自宅など制限のないネットワークでのご受講をご検討ください。


会場による違いは下記となります。
【共通】
・コースで使用するマイクロソフト認定テキストは、電子テキストを使用します。
・コースで使用する Azure アカウントはエディフィストラーニングがご用意いたします。

【八重洲会場開催】
・PC およびインターネット環境は、エディフィストラーニングがご用意いたします。

一社向けに特別指定コースとして実施可能です。ご相談ください。【講習会受付担当】0120-876-544

メールでのお問い合わせはこちら

AZ-304 Microsoft Azure Architect Design (短縮 3 日)

エディフィストラーニングHOME