Exchange Online / Exchange Server 2016 管理の基礎|人材育成・研修のエディフィストラーニング

お問い合わせ・お申し込みはお気軽に「0120-876-544」

  • 研修コースをさがす
  • サービスをさがす
  • 新着情報
  • 無料セミナー/イベント情報

コースコード|コース名

  • MSCEX01
  • Exchange Online / Exchange Server 2016 管理の基礎

  • 期間
  • 2日
  • 時間
  • 9:30 ~ 17:30
  • 税抜価格
  • 140,000円
特記事項
事前にOffice 365 E5プランの試用版を契約していただく必要があります。
試用版契約時のドメイン名につきましては、受講票送付メールにご案内させていただきます。
試用版は試用期間が30日です。本コース終了日まで有効となるよう契約をお願いします。 こちらのページの「無料試用版」リンクより契約が可能です。 無料試用版契約の手順書はこちらよりダウンロード可能です。

開始日|税込価格|会場|キャンペーン|お申し込み

印刷する

コース概要

Exchange Server は、オンプレミスだけでなく、クラウド上で実行されるサービスとしても、広く使用されているメッセージング基盤です。このコースでは、Exchange Online を学ぶことで、Exchangeファミリー(Exchange Online(クラウド)とExchange Server 2016 (オンプレミス))の基本的な概念を理解することを目標としています。Exchange Online上で受信者の管理、メッセージのアーカイブと保持、メッセージ検索、送受信メッセージの制御、スパム/マルウェア対策など、メール管理者が行う通常のメール管理作業を演習で実践できるコースです。
今後、Exchange Online(クラウド)やExchange Server 2016(オンプレミス)を管理される方、またはハイブリッド環境を管理される方に、最初に押さえていただきたいExchangeの機能について扱います。
Exchangeの管理を初めて行う方は、まず本コースの受講をおすすめいたします。

  • 注1:本コースの演習はすべてExchange Onlineで行います。
    • 注2:Exchange Server 2016 (オンプレミス)の新機能、インストール、サーバー構築、高可用性の管理などについては、
         弊社で開催する「Exchange Server 2016 サーバー構築」にて扱います。
    • 担当トレーナーからのひと言

      Exchange Server は、オンプレミスだけでなく、クラウド上で実行されるサービスとしても、広く使用されているメッセージング基盤です。こちらのコースはExchange ファミリー共通の機能や概念を効率的に学習できるように、内容を厳選しました。
      今後、Exchange Online(クラウド)を管理される方、Exchange Server 2016(オンプレミス)を管理される方、またはハイブリッド環境を管理される方向けのコースです。最初に押さえていただきたいExchangeの機能について説明し、メール管理者が行う通常のメール管理作業を演習で実践します。
      Exchangeの管理作業を初めて行う方は、まず本コースの受講をおすすめいたします。
      本コースの演習はすべてExchange Online の試用版(無料)を契約して行いますので、受講後も試用期間内であれば復習していただくことができます。
      Exchange Server 2016 (オンプレミス)の新機能、インストール、サーバー構築、高可用性の管理などについては、弊社で開催予定の後続のコース「Exchange Server 2016 のサーバー構築(仮題)」にて扱います。

      前提条件
      • TCP/IP(含むDNS)の基本を理解されている方
        • 基本的なクラウドの概念(IaaS/PaaS/SaaSの違いがわかる程度)をご存知の方
          • メールサーバー、グループウェアという概念を理解している方
            • Active Directory の知識をお持ちの方
              • Office 365の無料評価版をサインアップし、Office 365の管理ツールにサインインできる方
      対象者
      • Exchange ファミリー(クラウドおよびオンプレミス)の基本的な概念を知りたい方
        • Exchange ファミリー(クラウドおよびオンプレミス)で共通の基本機能と構成(受信者の管理、セキュリティ&コンプライアンス対策)を知りたい方
          • Exchangeの管理者
      コース内容

      1章 Exchange Server 2016 と Exchange Online の概要
        Exchange Server 2016 とは
        Exchange Onlineとは
        管理ツール
        メールドメイン名の構成
        クライアント

      2章 受信者の管理
        メールボックスと配布グループの管理
        管理者権限の付与(RBAC)

      3章 メッセージのライフサイクル管理
        インプレースアーカイブ
        アイテム保持ポリシー

      4章 メッセージのホールドと検索
        インプレースホールド/訴訟ホールド
        インプレース電子情報開示

      5章 メッセージ送受信の制御
        メールフロー
        トランスポートルール
        ジャーナルルール
        ランスポート保護ルール(RMS)
        データ損失防止(DLP)

      6章 マルウェア、スパムメールからの防御
        Exchange Online Protection (EOP)
        Exchange Online Advanced Threat Protection (ATP)

  • SA特典

    こちらのコースでは「SAトレーニング受講券」がご利用いただけます。

一社向けに特別指定コースとして実施可能です。ご相談ください。【講習会受付担当】0120-876-544

メールでのお問い合わせはこちら

Exchange Online / Exchange Server 2016 管理の基礎

エディフィストラーニングHOME