Windows PowerShell 基礎と実践 ~Windows Server 2016 対応~|人材育成・研修のエディフィストラーニング

お問い合わせ・お申し込みはお気軽に「0120-876-544」

  • 研修コースをさがす
  • サービスをさがす
  • 新着情報
  • 無料セミナー/イベント情報

コースコード|コース名

  • MSCPS01
  • Windows PowerShell 基礎と実践 ~Windows Server 2016 対応~

  • 期間
  • 2日
  • 時間
  • 09:30~17:00
  • 税抜価格
  • 120,000円
特記事項
次の英語版マイクロソフトオフィシャルトレーニングコースと同等の内容を日本語のオリジナルテキストと演習マニュアルを使用して講義します。
「 10961B: Automating Administration with Windows PowerShell 」

開始日|税込価格|会場|キャンペーン|お申し込み

    • 12/21(月)
    • 132,000円
    • 遠隔研修(スタジオ1)
    • 申し込む
    • 1/21(木)
    • 132,000円
    • 遠隔研修(スタジオ1)
    • 申し込む
    • 2/15(月)
    • 132,000円
    • 遠隔研修(スタジオ1)
    • 申し込む
    • 3/4(木)
    • 132,000円
    • 遠隔研修(スタジオ1)
    • 申し込む
    • 3/29(月)
    • 132,000円
    • 遠隔研修(スタジオ1)
    • 申し込む
印刷する

コース概要

Windows PowerShell は、マイクロソフトのオンプレミス、クラウド、ハイブリット クラウド環境において重要な管理基盤です。
さらに、Windows PowerShell は、 2016 年 8 月よりオープン ソース化され、プラットフォーム非依存の共通管理基盤へと進化しました。
Windows PowerShell を使いこなすことは、IT 技術者にとって必須のスキルといえます。
しかし、マイクロソフト オフィシャル コース(MOC)には、日本語の Windows PowerShell のコースはありません。
このため、弊社では、日本語テキストを独自に開発し、日本語版の Windows Server 2016 を使用する演習環境も用意しました。
このコースでは、英語版の MOC 「10961B Automating Administration with Windows PowerShell」(5日間)と同等の内容を、2 日間で効率よく学習できます。
豊富な演習を通じて、Windows PowerShell の基本と、すぐに現場で活用できる実践的な知識を身に付けることができます。

担当トレーナーからのひと言

充実した解説を掲載したカラー印刷されたオリジナルの日本語テキストを使用しますので、Windows PowerShell について基礎知識がない方でも2日間で効率よく、Windpws PowerShell の基礎から、スクリプト開発、モジュール化、リモート処理といった内容を理解することができます。

前提条件
  • コンピューターやネットワークに関する基礎知識
  • Windows Server の操作経験
対象者
  • Windows PowerShell を使用した管理や自動化を担当するITエンジニア
コース内容

    1. Windows PowerShell の概要
     ・Windows PowerShell とは?
     ・コマンドの基本的な構文と動作
     ・コマンド情報の取得
     ・コマンド エイリアス
     ・-WhatIf、-Confirm 共通パラメーター
     ・PS プロバイダー

    2.パイプラインを使用したオブジェクト操作
     ・オブジェクトの選択、ソート、計測、フィルター、変換
     ・出力のフォーマット
     ・パイプラインの動作

    3.WMI、CIMを使用した管理
     ・WMI、CIM の概要
     ・WMI、CIM の名前空間、クラス、インスタンスの表示、変更
     ・WMI、CIMを使用したリモートコンピューター管理

    4.スクリプティング
     ・Windows PowerShell スクリプトの概要
     ・変数とは?
     ・文字列の取り扱い
     ・スクリプトでのパラメーターの指定
     ・スクリプトのヘルプ、詳細出力、エラー処理の実装
     ・スクリプト モジュールの作成
     ・基本コンストラクト
     ・スコープとプロファイル

    5.リモート処理
     ・リモート処理の有効化
     ・1対1、1対多のリモート処理
     ・セッションベースのリモート処理

    6.スケジューリングジョブ
     ・ジョブの開始と管理
     ・スケジューリングジョブ

注意事項

  • このコースでは、Windows PowerShell 5.1 を使用します。

  • これは、Windows Server 2019 に既定でインストールされる Windows PowerShell のバージョンと同じです。


    • 【オンラインライブ研修受講の事前確認】

    • ・オンライン会議システムである ZOOM のテストサイトにアクセスし、 音声が聞こえることをご確認ください。
       ZOOM テストサイト https://support.zoom.us/hc/ja/articles/115002262083/

      ・Windows 10 PC を用意してください。

      ・PC に Google Chrome ウェブブラウザをインストールしてください。

      ※ 上記は、必ず、トレーニングを受講する当日に使用する PC、および、トレーニングを受講する場所(ネットワーク)で行ってください。
      ※ 社内のイントラネットからアクセスする場合は、通信ポートの制限により、演習が実施できない事象が発生しております。この場合、演習を行うことができません。
      ※ 演習環境はリモートデスクトップを利用して接続します。当日演習環境にアクセスできない場合は別日程での再受講など承ります。

  • SA特典

    こちらのコースでは「SAトレーニング受講券」がご利用いただけます。

一社向けに特別指定コースとして実施可能です。ご相談ください。【講習会受付担当】0120-876-544

メールでのお問い合わせはこちら

Windows PowerShell 基礎と実践 ~Windows Server 2016 対応~

エディフィストラーニングHOME