RHCE認定試験ラボ+RHCSA認定試験+RHCE認定試験(RHEL7対応)|人材育成・研修のエディフィストラーニング

お問い合わせ・お申し込みはお気軽に「0120-876-544」

  • 研修コースをさがす
  • サービスをさがす
  • 新着情報
  • 無料セミナー/イベント情報

コースコード|コース名

  • #RH300
  • RHCE認定試験ラボ+RHCSA認定試験+RHCE認定試験(RHEL7対応)

  • 期間
  • 5日
  • 時間
  • 9:30~17:30
  • 税抜価格
  • 330,000円
特記事項
本トレーニングを受講いただく際は「Red Hatアカウント」が必要となります。
お申し込みの際は、受講者備考の欄に「Red Hatアカウント」の記載をお願いいたします。

(記載例: 「Red Hatアカウント: redhat0001」  ※ Red Hat アカウントがredhat0001の場合)

「Red Hatアカウント」をお持ちでない方は、お申し込み前に「Red Hat アカウント登録ガイド」を参照してアカウント登録をお願いいたします。
印刷する

コース概要

RHCE 認定試験ラボ (RH300) は、Red Hat 認定エンジニア (RHCE) 試験を受験する前に実践的な演習形式の復習を必要としている方を
対象にしています。
このコースを受講する受講生は、試験を受験または再受験する準備をしていて、既にクラスルームトレーニングを修了している必要が
あります。

※このコースはRHEL7対応コースです。
※本コースはレッドハット株式会社が開催いたします。


【キャンセルポリシー】
  コース開始日から10営業日以上前までのお申し出についてお承ります。(無料)
  コース開催日から10営業日を切った場合のキャンセルは、受講料全額を請求させていただきます。
【受講日変更】
  コース開始日から10営業日以上前までのお申し出についてお承ります。(無料)
【受講者変更】
  コース開始日から 3営業日以上前までのお申し出についてお承ります。(無料)
※キャンセル・変更ともに1回までのお承りとなります。
 以前に変更を受け付けたものについては、再変更・キャンセル共に承れません。

前提条件
  • Red Hat システム管理 I、II、III、または同等のトレーニングを既に完了している必要があります。
  • このコースに申し込む前に、オンラインスキルチェックを受けることをお勧めします。
  • ほとんどの受講生にとって、広範な UNIX 管理経験だけでは十分ではありません。
対象者
  • Red Hat Enterprise Linux 7 の再認定を目指している Red Hat Enterprise Linux 6 以前の RHCE
  • 以前に RHCE 試験を受けたが合格せず、試験の再受験を目指している方
  • RHCE トラックコース (Red Hat システム管理 I、II、III、または同等のトレーニング) を完了済みで、RHCE 試験を受験する前に、追加で実践的な練習を行いたい方
対応試験
  • RHCSA認定試験(EX200)
  • RHCE認定試験(EX300)
コース内容

受講生はこの5日間のコースで、RHCSA (Red Hat 認定システム管理者) 速習コース (RH199) と Red Hat システム管理 III (RH254) の両方の一連の演習に自分のペースで取り組みます。
RHCE 認定試験ラボコースには、systemd、firewalld、IPv6 などの主要なテクノロジーの復習を目的としたインストラクターによる講義がいくつか含まれています。
このコースのクラスルームバージョンとバーチャルクラスルームバージョンについては、受講生が演習に取り組む際に、1 週間を通してインストラクターの支援を受けることができます。
注: このバージョンのコースには、Red Hat 認定システム管理者 (RHCSA) EX200 試験と Red Hat 認定エンジニア (RHCE) EX300 試験がコースの最終日に含まれています。


  • ブート処理中の systemd サービスの管理とトラブルシューティング
  • ネットワーク設定と基本的なトラブルシューティング
  • ローカルストレージの管理とファイルシステムの作成および使用
  • firewalld を使用したファイアウォールの管理
  • kickstart を使用した Red Hat Enterprise Linux® の自動インストール
  • SELinux 設定の管理
  • NFS および Samba 共有ファイルシステムの使用
  • ネットワークポートのセキュリティとリンクアグリゲーション
  • iSCSI イニシエーターおよびターゲットの設定
  • ドメインネームシステム (DNS) のトラブルシューティングとキャッシングネームサーバー
  • ネットワークファイルシステム (NFS) およびサーバーメッセージブロック (SMB) ファイルサーバーの提供
  • Apache HTTPD Web サーバーの管理
  • MariaDB SQL データベースの設定
  • サーバー用の Postfix Simple Mail Transfer Protocol (SMTP) Null クライアント
  • 自動化のための Bash スクリプト
一社向けに特別指定コースとして実施可能です。ご相談ください。【講習会受付担当】0120-876-544

メールでのお問い合わせはこちら

RHCE認定試験ラボ+RHCSA認定試験+RHCE認定試験(RHEL7対応)

エディフィストラーニングHOME