Automation with Ansible + 認定試験|人材育成・研修のエディフィストラーニング

お問い合わせ・お申し込みはお気軽に「0120-876-544」

  • 研修コースをさがす
  • サービスをさがす
  • 新着情報
  • 無料セミナー/イベント情報

コースコード|コース名

  • RHDO408
  • Automation with Ansible + 認定試験

  • 期間
  • 5日
  • 時間
  • 09:30~17:30
  • 税抜価格
  • 265,000円
特記事項
本トレーニングを受講いただく際は「Red Hatアカウント」が必要となります。
お申し込みの際は、受講者備考の欄に「Red Hatアカウント」の記載をお願いいたします。

(記載例: 「Red Hatアカウント: redhat0001」  ※ Red Hat アカウントがredhat0001の場合)

「Red Hatアカウント」をお持ちでない方は、お申し込み前に「Red Hat アカウント登録ガイド」を参照してアカウント登録をお願いいたします。
印刷する

コース概要

Automation with Ansible I +認定試験 (DO408) は、Ansible を使用して自動化、構成、管理を行うシステム管理者向けのコースです。Ansible のインストールや設定方法、Playbook の作成と実行によるシステム構成、インベントリー管理について学習します。
さらにこのコースには、Red Hat Certified Specialist in Ansible Automation (EX407) も含まれています

このコースは、Red Hat® Enterprise Linux® 7.3 および Ansible 2.3 に基づいています。

受講者はハンズオンラボを通じて、管理対象ホスト上のシステム管理タスクの Ansible による自動化、タスク実行を標準化するための Ansible Playbook の作成、Ansible Tower を使った Web インタフェースからの Playbook の一元管理と反復実行のスケジューリングについて学習します。また、Ansible Vault を使用して Ansible の暗号化を管理する方法、Ansible Tower を導入してシステム管理に利用する方法、Vagrant による DevOps 環境で Ansible を使用する方法についても学びます。

※本コースはレッドハット株式会社が開催いたします。

【キャンセルポリシー】
  コース開始日から10営業日以上前までのお申し出についてお承ります。(無料)
  コース開催日から10営業日を切った場合のキャンセルは、受講料全額を請求させていただきます。
【受講日変更】
  コース開始日から10営業日以上前までのお申し出についてお承ります。(無料)
【受講者変更】
  コース開始日から 3営業日以上前までのお申し出についてお承ります。(無料)
※キャンセル・変更ともに1回までのお承りとなります。
 以前に変更を受け付けたものについては、再変更・キャンセル共に承れません。

前提条件
  • •Red Hat 認定システム管理者 (RHCSA) 認定取得済み、または同等の経験
対象者
  • クラウドプロビジョニング、構成管理、アプリケーションのデプロイ、サービス間のオーケストレーション、その他の IT ニーズを自動化する必要があるシステムおよびクラウドの管理者
対応試験
エキスパート試験 ーAnsible Autimationー
コース内容
コースの概要
 コースの概要の確認
Ansible の概要
 Ansible の用語とアーキテクチャの説明
Ansible のデプロイ
 Ansible をインストールと、アドホックコマンドの実行
Playbook の実装
 Ansible Play の作成とPlaybook の実行
変数とインクルードの管理
 変数のスコープと優先順位、Play の中の変数やファクトの管理、インクルードの管理の説明
タスク制御の実装
 Ansible Playbook のタスク制御、ハンドラー、およびタグの管理
Jinja2 テンプレートの実装
 Jinja2 テンプレートの実装
ロールの実装
 ロールの作成および管理
複雑な Playbook の設定
 接続タイプ、デリゲーション、および並列処理の設定
Ansible Vault の実装
 Ansible Vault による暗号化の管理
Ansible のトラブルシューティング
 Ansible 制御マシンおよび管理対象ノードのトラブルシューティング
Ansible Tower の実装
 Ansible Tower の実装
DevOps 環境での Ansible の実装
 DevOps 環境における Vagrant を使用した Ansible の実装
理解度の確認
 Automation with Ansible のタスクの復習

注: 学習内容は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについてご不明な点がある場合は、Red Hat にお問い合わせください。
一社向けに特別指定コースとして実施可能です。ご相談ください。【講習会受付担当】0120-876-544

メールでのお問い合わせはこちら

Automation with Ansible + 認定試験

エディフィストラーニングHOME