RHCE認定試験 (EX300)(RHLE7)|人材育成・研修のエディフィストラーニング

お問い合わせ・お申し込みはお気軽に「0120-876-544」

  • 研修コースをさがす
  • サービスをさがす
  • 新着情報
  • 無料セミナー/イベント情報

コースコード|コース名

  • RHEX300
  • RHCE認定試験 (EX300)(RHLE7)

  • 期間
  • 0.5日
  • 時間
  • 14:30~18:00
  • 税抜価格
  • 50,000円
特記事項
本トレーニングを受講いただく際は「Red Hatアカウント」が必要となります。
お申し込みの際は、受講者備考の欄に「Red Hatアカウント」の記載をお願いいたします。

(記載例: 「Red Hatアカウント: redhat0001」  ※ Red Hat アカウントがredhat0001の場合)

「Red Hatアカウント」をお持ちでない方は、お申し込み前に「Red Hat アカウント登録ガイド」を参照してアカウント登録をお願いいたします。
印刷する

コース概要

パフォーマンスベースのRed Hat認定エンジニア試験 (EX300) では、Red Hat Enterprise Linuxシステムを担当する上級システム管理者に必要な知識、スキル、および能力を受験者が備えているかどうかをテストします。
Red Hat認定システム管理者 (RHCSA) の認定を受けるには、RHCE認定を取得する必要があります。

RHCEとは、Red Hat認定システム管理者 (RHCSA) 認定保有者が受験できる認定資格です。
この認定を受けるには、Red Hat Enterprise Linuxシステムを担当する上級システム管理者に必要な知識、スキル、および能力を実証する必要があります。

※本コースはレッドハット株式会社が開催いたします。


【キャンセルポリシー】
  コース開始日から10営業日以上前までのお申し出についてお承ります。(無料)
  コース開催日から10営業日を切った場合のキャンセルは、受講料全額を請求させていただきます。
【受講日変更】
  コース開始日から10営業日以上前までのお申し出についてお承ります。(無料)
【受講者変更】
  コース開始日から 3営業日以上前までのお申し出についてお承ります。(無料)
※キャンセル・変更ともに1回までのお承りとなります。
 以前に変更を受け付けたものについては、再変更・キャンセル共に承れません。

前提条件
  • RHCE速習コース、システム管理I、II、IIIを受講済み、または同等の経験がある管理者
  • 実世界でのシステム管理の経験
対象者
  • 現在RHCSA認定を保有していてRHCE認定の取得に関心のある上級Linux IT技術者
  • スキルのバリデーションを望んでいるRed Hat Enterprise Linuxシステム管理者
  • Red Hatシステム管理I、II、およびIII、またはRHCEの速習コースを受講済み
  • 組織で必要なため、または要求されているため (DOD 8570の指示)、認定を取得する必要がある熟練したLinuxシステム管理者
  • 取得したRHCEがカレントではなくなっているが、RHCSA試験に合格済み
コース内容

Red Hat Enterprise Linux システムにおいて必要とされるスキルや知識などを証明するために、RHCE 認定試験に合格した、Red Hat 認定システム管理者 (RHCSA) が、RHCE として認定されます。

RHCE として認定されるためには、RHCSA の認定が必須です。
RHCE 試験は、3.5時間で構成される実技試験です。 RHCSA 試験よりも先に RHCE 試験を受けることも可能ですが、RHCSA 試験に合格するまでは RHCE としては認定されません。

EX300の認定試験では試験中はインターネットへの接続はできません。また、参考書やノートの持ち込みはできません。
試験結果は受験者本人に対して電子メールでのみ通知されます。
通常は試験後1週間以内に合否が通知されます。

一社向けに特別指定コースとして実施可能です。ご相談ください。【講習会受付担当】0120-876-544

メールでのお問い合わせはこちら

RHCE認定試験 (EX300)(RHLE7)

エディフィストラーニングHOME