JBoss Enterprise Application Development (JB225)|人材育成・研修のエディフィストラーニング

お問い合わせ・お申し込みはお気軽に「0120-876-544」

  • 研修コースをさがす
  • サービスをさがす
  • 新着情報
  • 無料セミナー/イベント情報

コースコード|コース名

  • RHJB225
  • JBoss Enterprise Application Development (JB225)

  • 期間
  • 4日
  • 時間
  • 9:30~17:30
  • 税抜価格
  • 280,000円
特記事項
本トレーニングを受講いただく際は「Red Hatアカウント」が必要となります。
お申し込みの際は、受講者備考の欄に「Red Hatアカウント」の記載をお願いいたします。

(記載例: 「Red Hatアカウント: redhat0001」  ※ Red Hat アカウントがredhat0001の場合)

「Red Hatアカウント」をお持ちでない方は、お申し込み前に「Red Hat アカウント登録ガイド」を参照してアカウント登録をお願いいたします。
印刷する

コース概要

Java EE準拠のアプリケーションの作成、テスト、保守を最初から最後まで扱います。

中級レベルのJava開発者を対象としたJBoss(R) Enterprise Application Development (JB225) では、Java EE 6フレームワーク、仕様、アプリケーションプログラミングインターフェイス (API) について紹介します。

  • Java EE互換アプリケーションを作成、テスト、および保守する

EclipseベースのRed Hat(R) JBoss Developer Studioを使用して、Java EE互換アプリケーションを作成、テスト、および保守する方法を最初から最後まで学べます。

  • 完全な機能を備えたエンタープライズJavaアプリケーションを作成する

包括的な講義と幅広い使用事例、実践ラボによって、Red Hat JBoss Enterprise Application Platform 6、Contexts and Dependency I (CDI)、Arquillian、JBoss Hibernate(R)、RESTEasy、HornetQ、その他の関連するテクノロジを使用したエンタープライズアプリケーション開発について学習し、完全な機能を備えたエンタープライズJavaアプリケーションを作成します。

  • 完全な多層エンタープライズアプリケーションを構築する

ベストプラクティス設計、コーディング、テストテクニックを駆使して、JavaServer Faces (JSF) 2 Webベースフロントエンド、Java API for Restful Web Services (JAX-RS) レイヤ、Enterprise JavaBeans (EJB) レイヤ、Java Persistence API (JPA) 永続レイヤを活用した完全な多層エンタープライズアプリケーションを構築する方法を学びます。

※本コースはレッドハット株式会社が開催いたします。

前提条件
  • Javaプログラミング言語 (Java SE 5 または 6)、特にアノテーションやオブジェクト指向設計に関する豊富な知識
  • HTMLおよびXMLドキュメントを読み取る力
  • Eclipseのような統合開発環境 (IDE) の基本的な経験
  • Asynchronous JavaScript + XML (Ajax) およびリレーショナルデータベース管理システム (RDBMS) の基本的な知識 (必須ではないが推奨)
対象者
  • エンタープライズJava開発に関心のある、Javaプログラミングの経験を持つ受講者
  • 初めてJBossに移行しようとしている、エンタープライズJava開発の経験者
  • Java EE 6、JBoss Enterprise Application PlatformおよびJBoss Developer Studioの最新バージョンを使用してスキルセットのアップグレードを目指している経験豊富なエンタープライズJava開発者
  • RHCJD認定試験 (EX225) の受験準備のための受講を検討している方
対応試験
  • RHCJD認定試験(EX225)
コース内容
  • JBossミドルウェアを使用した堅牢なエンタープライズアプリケーションの構築。
  • セキュアなエンタープライズアプリケーションの構築。
  • バックエンドエンタープライズ情報およびメッセージングシステムとのアプリケーションの統合。
  • Arquillianによるテスト。
  • Contexts and Dependency Injection (CDI) を使用したシームレスな多層アプリケーションの作成。
  • 開発者の管理タスクの把握。
  • JBoss Developer Studioツールの活用。
一社向けに特別指定コースとして実施可能です。ご相談ください。【講習会受付担当】0120-876-544

メールでのお問い合わせはこちら

JBoss Enterprise Application Development (JB225)

エディフィストラーニングHOME