Jboss Application Administration I |人材育成・研修のエディフィストラーニング

お問い合わせ・お申し込みはお気軽に「0120-876-544」

  • 研修コースをさがす
  • サービスをさがす
  • 新着情報
  • 無料セミナー/イベント情報

コースコード|コース名

  • RHJB248
  • Jboss Application Administration I

  • 期間
  • 5日
  • 時間
  • 9:30~17:30
  • 税抜価格
  • 220,000円
特記事項
JBoss EAP7対応コースです。

本トレーニングを受講いただく際は「Red Hatアカウント」が必要となります。
お申し込みの際は、受講者備考の欄に「Red Hatアカウント」の記載をお願いいたします。

(記載例: 「Red Hatアカウント: redhat0001」  ※ Red Hat アカウントがredhat0001の場合)

「Red Hatアカウント」をお持ちでない方は、お申し込み前に「Red Hat アカウント登録ガイド」を参照してアカウント登録をお願いいたします。
印刷する

コース概要

Red Hat JBoss Application Administration I では、Red Hat® JBoss® Enterprise Application Platform (JBoss EAP) 7 のインストールと設定に関するベストプラクティスを紹介します。JBoss EAP 上でアプリケーションを効果的にデプロイおよび管理するうえでシステム管理者が知っておくべき重要な実際の作業を、実践的な演習を通して学習します。

このコースを修了すると、Red Hat 認定スペシャリスト試験 -Enterprise Application Server Administrationー を受験する準備が整います。

※本コースはレッドハット株式会社が開催いたします。

前提条件
  • Microsoft Windows、UNIX、または Linux® オペレーティング・システムにおけるシステム管理の基本的な経験
  • ハードウェアおよびネットワークの理解
  • 注記:Java、スクリプト、または JBoss Developer Studio の事前知識は不要
対象者
  • Red Hat JBoss を初めて使用するシステム管理者、または Red Hat JBoss Enterprise Application Platform 6 を使用した経験のあるシステム管理者
対応試験
  • HCJA認定試験(EX248)
コース内容
  • ●JBoss Enterprise Application Platform (JBoss EAP) の概要
  • ・JBoss EAP 7 の概念と用語について学ぶ
  • ・JBoss EAP インスタンスのインストールと実行
  • ・拡張機能、プロファイル、およびサブシステムについて理解する

  • ●スタンドアロンモードでの JBoss EAP の設定
  • ・スタンドアロンモードで JBoss EAP の実行および設定
  • ・インタフェースとソケット・バインディング・グループの設定

  • ●アプリケーションを設定およびデプロイするスクリプト
  • ・コマンドライン・インタフェースで JBoss EAP を設定する
  • ・スタンドアロンモードでアプリケーションをデプロイする

  • ●管理対象ドメインとしての JBoss Enterprise Application Platform の設定
  • ・JBoss EAP を管理対象ドメインとして実行する
  • ・ドメインコントローラを割り当てる
  • ・ホストコントローラとドメインコントローラの設定

  • ●管理対象ドメインでのサーバーの設定
  • ・ドメインサーバーのアーキテクチャの管理
  • ・サーバーとサーバーグループの設定

  • ●データソースの設定
  • ・データソース・サブシステムを調べ、JDBC ドライバー、データソース、および XA データソースを設定する

  • ●ログサブシステムの設定
  • ・ロガーとロギングハンドラーを設定する

  • ●メッセージング・サブシステムの設定

  • ・メッセージング・サブシステムの詳細を確認する
  • ・メッセージング、・リソース、ジャーナル、およびその他の設定値を設定する

  • ●JBoss EAP のセキュリティ保護
  • ・データベース・セキュリティ・レルム、LDAP セキュリティレルム、およびパスワードボールトを設定する
  • ・JMS 宛先を保護する

  • ●Java 仮想マシン (JVM) の設定
  • ・スタンドアロンモードおよび管理対象ドメインで JVM を設定する

  • ●Web サブシステムの設定
  • ・Web サブシステムの機能を確認し、設定する

  • ●クラスタ化されたアプリケーションのデプロイ
  • ・クラスタ化されたアプリケーションについて詳しく確認する
  • ・クラスタ化されたアプリケーションをサポートするサブシステムを設定し、負荷分散を設定する
  • ・HA シングルトン・アプリケーションをデプロイする

  • ●バッチサブシステムの設定
  • ・バッチジョブとバッチサブシステムを詳しく確認し、設定する

  • ●JBoss EAP 7 の新機能の学習
  • ・JBoss EAP 7 の新機能を学ぶ
  • ・JBoss EAP 6 から JBoss EAP 7 に移行する

  • ●Red Hat JBoss Application Administration I の総括的な復習
  • ・Red Hat JBoss Application Administration I のタスクを確認する

注: 学習内容は、テクノロジーの進歩や対象業務の性質の変化に伴って変更されることがあります。具体的な学習内容やトピックについてご不明な点がある場合は、トレーニング・スペシャリストにお問い合わせください。

一社向けに特別指定コースとして実施可能です。ご相談ください。【講習会受付担当】0120-876-544

メールでのお問い合わせはこちら

Jboss Application Administration I

エディフィストラーニングHOME