Mastering Bots: Design and Build an Advanced Digital Workforce (ver.11)|人材育成・研修のエディフィストラーニング

お問い合わせ・お申し込みはお気軽に「0120-876-544」

  • 研修コースをさがす
  • サービスをさがす
  • 新着情報
  • 無料セミナー/イベント情報

コースコード|コース名

  • New
    RPAA001
  • Mastering Bots: Design and Build an Advanced Digital Workforce (ver.11)

  • 期間
  • 3日
  • 時間
  • 9:30~17:30
  • 税抜価格
  • 210,000円
印刷する

コース概要

Automation Anywhere Enterprise を使用し、業務を自動化するための Bot 開発方法を実習を通して習得頂きます。このコースを終了することで、Bot 開発の基本を理解し、ある程度複雑な Botを開発できることを目標とします。

前提条件
  • 基礎的なコンピュータ知識および RPA知識を有すること。
対象者
  • Automation Anywhere Enterprise(RPA)を使用して、業務の自動化を行いたい方。
コース内容

 ・Automation Anywhere Enterprise 製品概要とアーキテクチャ
   ・AA Enterprise 製品概要
   ・AA Enterprise アーキテクチャ
 ・Automation Anywhere Enterprise Control Room の概要
   ・Control Room の概要
   ・Control Room Webサイト
 ・Automation Anywhere Enterprise Client の機能
   ・AA Enterprise Clientの機能
   ・Task Botの作成
   ・Task Bot 実行の設定
     ・プロパティ
     ・スケジュール
     ・トリガーの設定)
   ・AA Enterprise Clientのその他の機能
     ・アップロード/ダウンロード
     ・ワークフロー
     ・環境設定
 ・レコーダーを利用したBot作成
   ・レコーダー
   ・ウェブレコーダーとWeb Recorder コマンド
   ・スマートレコーダーとObject Cloning コマンド
   ・スクリーンレコーダー
 ・Botの作成
   ・変数の利用
   ・Credential Vault
   ・さまざまなコマンドと機能(1)
     ・Run Taskコマンド
     ・AAApplicationPathシステム変数
     ・Bot依存関係
     ・Insert Keystrokesコマンド
     ・File/Foldersコマンド
   ・エラー処理(エラーハンドリング)
 ・複数レコードを処理する Bot の作成
   ・CSV/TEXT ファイルデータの処理
   ・Excelの処理 ~Excelコマンド~
   ・条件分岐 ~If/Elseコマンド~
   ・繰り返し処理 ~Loopコマンド~
 ・さまざまなコマンドと機能(2)
   ・メール送信 ~Send Emailコマンド~
   ・メール受信 ~Email Automationコマンド~
   ・PDFドキュメントの操作 ~PDF Integrationコマンド~
   ・テキストの抽出(OCR)~OCRコマンド~
   ・文字列の操作 ~String Operationコマンド~
   ・画像認識 ~Image Recognitionコマンド~
   ・データベースアクセス ~Databaseコマンド~
 ・MetaBot
   ・MetaBot の概要
   ・MetaBot の構造
   ・MetaBot の作成

一社向けに特別指定コースとして実施可能です。ご相談ください。【講習会受付担当】0120-876-544

メールでのお問い合わせはこちら

Mastering Bots: Design and Build an Advanced Digital Workforce (ver.11)

エディフィストラーニングHOME