活用方法を知ろう!WinActor ~応用コース~|人材育成・研修のエディフィストラーニング

お問い合わせ・お申し込みはお気軽に「0120-876-544」

  • 研修コースをさがす
  • サービスをさがす
  • 新着情報
  • 無料セミナー/イベント情報

コースコード|コース名

  • New
    RPWA050
  • 活用方法を知ろう!WinActor ~応用コース~

  • 期間
  • 1日
  • 時間
  • 9:30~17:00
  • 税抜価格
  • 60,000円
特記事項
本コースは、旧「RPWA030 活用しよう!WinActor ~中級編~」のカリキュラム内容を見直し、再構成した トレーニングコースです。

開始日|税込価格|会場|キャンペーン|お申し込み

印刷する

コース概要

<概要>

販売管理業務を例題に、販売管理システムから取得したデータを請求書(Word)に転記し、印刷を行うまでの一連の流れをシナリオに落とし込んでいくのかを体験します。
CSV、Excel、Word、の取り扱いでの陥りやすいポイントについてご紹介します。


<達成目標>

  • 繰り返しや判断(分岐)を伴うルーチンワークをWinActorのシナリオと関連付けて考える
  • CSV、Excel、Wordの取り扱いでの陥りやすいポイントについて、シナリオ作成を通じて知る
  • 販売管理システム(仮想システム)へCSVファイルのデータをインポートできる
  • 販売管理システム(仮想システム)から請求書(Word)へデータを転記し、印刷を行うまでの一連の流れがシナリオ化できる
  • 業務手順をどのようにWinActorに落とし込んでいくのかを理解し、シナリオを作成することができる

前提条件
  • キーボードで文字入力ができる
  • 業務でPCを日常的に使用している
  • Excelの基本操作ができる
  • Wordの基本操作ができる
  • WinActorの基礎コースを受講済み、または同等レベルの知識がある(WinActorの変数の取り扱いができる、分岐処理の基本は操作できる)
対象者
  • WinActorで簡単なシナリオ作成はできるが、業務に生かせるようになりたい方
  • ライブラリの活用の仕方に不安がある方
  • 「基礎コース」からのレベルアップを目指している方
コース内容

§1 WinActor基本操作の確認

§2 基礎編の振り返り

§3 演習概要(全体像)

§4 請求書作成データの取得

§5 請求書作成

§6 印刷処理

§7 シナリオを連続して実行する

§8 作業のヒント

 複数のシステムやアプリケーションソフトにまたがる作業を効率的にするにはどうしたらいいかを学習します。
 実際の業務処理をRPAに落とし込むために少し長いシナリオへチャレンジします。
 WinActorの操作は十分できるけど使いこなせていないという方、 業務の見直しを行う上でヒントが欲しい方にも最適なコースです。 ※内容は変更になる場合があります。

一社向けに特別指定コースとして実施可能です。ご相談ください。【講習会受付担当】0120-876-544

メールでのお問い合わせはこちら

活用方法を知ろう!WinActor ~応用コース~

エディフィストラーニングHOME