はじめよう レポート・ダッシュボードでの分析 <Lightning UI版>|人材育成・研修のエディフィストラーニング

お問い合わせ・お申し込みはお気軽に「0120-876-544」

  • 研修コースをさがす
  • サービスをさがす
  • 新着情報
  • 無料セミナー/イベント情報

コースコード|コース名

  • SF016L
  • はじめよう レポート・ダッシュボードでの分析 <Lightning UI版>

  • 期間
  • 1日
  • 時間
  • 9:30~18:00
  • 税抜価格
  • 60,000円

開始日|税込価格|会場|キャンペーン|お申し込み

印刷する

コース概要

Lightning Experience 環境のユーザインターフェースをご利用の環境でSalesforce に格納されたデータを分析するレポートとダッシュボードの基本を学習します。デフォルトで提供されている標準レポートをはじめ、レポートツールセットで標準レポートをカスタマイズする方法や、数式や検索条件を使って様々な独自のレポートを作成する方法を学び、さらにはそれらのレポートを利用して指標となる情報をダッシュボードに視覚的に表現します。ビジネスを分析するために役立つ機能とスキルを習得できます。

※本コースはLightning Experience環境のユーザインターフェースを利用します。

※このコースは Lightning Experience 環境のユーザインターフェースを利用します。Salesforce Classic 環境をご利用の方は、はじめよう レポート・ダッシュボードでの分析(RPT-101)をご受講ください。

このコースにおいては、製本テキストではなく、eBook(ブラウザで閲覧可能な電子テキスト)を利用します。eBookの配布についてはお申込後に受講者へご連絡致します。

前提条件
  • 基本的なSalesforceの概要や機能を理解していること
対象者
  • Lightning Experience環境のユーザインターフェースをご利用でSalesforceに格納されたデータを分析する方
  •   (営業担当者/マネージャー、サービス担当者/マネージャー、初級管理者、ビジネスアナリスト、ソリューションアーキテクト等)
コース内容
コースの紹介
• コース概要の説明

レポートの前提知識の理解
• 適切なレポートを探すためのレポートタブ操作
• カスタムフォルダの作成
• レポートフォーマットの違い
• 既存レポートの実行と編集

レポートの作成/編集
• レポート作成プロセスの理解
• レポートビルダーの操作
• 標準レポートを使用したカスタムレポートの作成
• 項目検索条件と検索条件ロジックの使用
• レポートのエクスポート

データの集計
• サマリーレポートとマトリックスレポートの違い
• バケット項目の使用
• カスタム集計項目の使用

より深いインサイトの獲得
• 条件付き強調表示の使用
• レポートグラフの追加
• レポート実行のスケジュールとメール送信

ダッシュボートの作成
• ダッシュボードの概要
• Lightningでダッシュボードを作成する利点
• ダッシュボードの作成

一社向けに特別指定コースとして実施可能です。ご相談ください。【講習会受付担当】0120-876-544

メールでのお問い合わせはこちら

はじめよう レポート・ダッシュボードでの分析 <Lightning UI版>

エディフィストラーニングHOME