Salesforce Platform インテグレーション[後編]|人材育成・研修のエディフィストラーニング

お問い合わせ・お申し込みはお気軽に「0120-876-544」

  • 研修コースをさがす
  • サービスをさがす
  • 新着情報
  • 無料セミナー/イベント情報

コースコード|コース名

  • SF302
  • Salesforce Platform インテグレーション[後編]

  • 期間
  • 2日
  • 時間
  • 9:30~18:00
  • 税抜価格
  • 170,000円

開始日|税込価格|会場|キャンペーン|お申し込み

印刷する

コース概要

Salesforce Platform上での宣言的開発に関する知識を学習した上で、システム連携の設計と実装について学習します。

本コースには、[前編]と[後編]があります。[後編]では、Salesforce ConnectやSalesforce to Salesforceなど宣言的な連携方法や、Heroku Connectによるデータベース同期、カスタムWebサービスを提供したインバウンド連携、Apex、Visualforceといった、Salesforce Platformのプログラミング機能から他のシステムへ連携する方法を学習します。本コースと「Salesforce Platformインテグレーション [前編]」コースを合わせて受講することで、インテグレーション手法を包括的に学習することができます。学習効果を最大限に高めるためには、本コースのご受講前に [前編] を受講されることを強くお勧めします。

前提条件
ApexコードとVisualforceコードの実装経験
(Node.jsなどのJavaScriptフレームワークの知識があることも推奨しますが、必須ではありません。)
対象者
  • Salesforce Platformクラウドアプリケーションのインテグレーション設計・実装を学習したい方(自社のSalesforce開発担当者、システムインテグレーター、アーキテクト、独立ソフトウェアベンダー(ISV))
  • 「認定上級Platformデベロッパー」資格の取得を目指している方
  • 「認定Integration Architectureデザイナー」資格の取得を目指している方
  • 「認定Identity and Access Managementデザイナー」資格の取得を目指している方
コース内容
    宣言的な連携手法
    • アウトバウンドメッセージ
    • Salesforce Connect
    • Salesforce to Salesforce
    • Social Customer Service

    Heroku Connectを使用した連携
    • Heroku Connectアドオンの処理
    • マッピングテーブルを使用したSalesforceデータの操作

    データローダの連携クライアントとしての使用
    • データローダ概要
    • アーキテクチャへのデータローダの組み込み

    Apexと連携
    • Apexの概要
    • カスタムApex Webサービス
    • Apexコールアウト
    • メールサービス

    Webページへの埋め込み
    • SalesforceとSalesforceモバイルアプリケーションの設計
    • マッシュアップとVisualforce
    • キャンバス(オプション)

    コンピュータテレフォニーインテグレーション(CTI) ※オプション
    • コンピュータテレフォニーインテグレーション

    設計ワークショップ ※オプション
    • 復習
    • ソリューションの構築

    Big Object ※オプション
    • Big Objectの使用開始
    • カスタムBig Objectの定義
    • Big Objectのクエリ
一社向けに特別指定コースとして実施可能です。ご相談ください。【講習会受付担当】0120-876-544

メールでのお問い合わせはこちら

Salesforce Platform インテグレーション[後編]

エディフィストラーニングHOME