7.1 論理設計で行うこと|エディラボ

お問い合わせ・お申し込みはお気軽に「0120-876-544」

  • 研修コースをさがす
  • サービスをさがす
  • 新着情報
  • 無料セミナー/イベント情報

7.1 論理設計で行うこと

7.1.1 アプリケーション開発の観点から確認すべき内容

アプリケーション開発の工程から業務分析した結果を、主要な2つのドキュメントを参照しながら説明します。

まず、各アプリケーションを、開発工程の観点からサブシステム分割した結果、各サブシステムでどのような処理を行うかをまとめたものが、以下のプロセス処理リストです。

表7-1 プロセス処理リスト

表7-1 プロセス処理リスト

各サブシステムの基本機能

プロセス処理リスト-(1)販売管理サブシステム

表7-2 プロセス処理リスト-(1)販売管理サブシステム

表7-2 プロセス処理リスト-(1)販売管理サブシステム

表7-3 プロセス処理リスト-(2)仕入管理サブシステム

表7-3 プロセス処理リスト-(2)仕入管理サブシステム

表7-4 プロセス処理リスト-(3)在庫管理サブシステム

表7-4 プロセス処理リスト-(3)在庫管理サブシステム

表7-5 プロセス処理リスト-(4)人事管理サブシステム

表7-5 プロセス処理リスト-(4)人事管理サブシステム

表7-6 プロセス処理リスト-(5)取引先管理サブシステム

表7-6 プロセス処理リスト-(5)取引先管理サブシステム

表7-7 プロセス処理リスト-(6)商品管理サブシステム

表7-7 プロセス処理リスト-(6)商品管理サブシステム

表7-8 プロセス処理リスト-(7)財務管理サブシステム

表7-8 プロセス処理リスト-(7)財務管理サブシステム

サブシステム間、システムの中の登場人物の間でどのように情報が流れるかを表したものが、図7-1のデータフロー図です。

図7-1 データフロー図

図7-1 データフロー図
【クリックで拡大します】

この図から次のようなことが読み取れます。

  • ● このシステムの中に登場するすべてのコンポーネント間でどのようなデータが必要とされ、どのように情報が受け渡されるか
  • ● サーバをどこに配置するか、それによってどのようなデータがどこで管理されるか

また、プロセス処理リストで記述されたプロセスが、どのエンティティを、いかにアクセスするのかをマトリクスで表したものが図7-2のCRUD図です。

図7-2 受発注システムCRUD図(抜粋)

図7-2 受発注システムCRUD図(抜粋)
【クリックで拡大します】

CRUD図を作成する過程で、次のようなことを検証します。

  • ● 必要なエンティティがすべて抽出されているか
    (プロセス側から見て必要なエンティティがすべて揃っているか)
  • ● エンティティを処理するプロセスがすべて揃っているか
    (Create、Reference、Update、Delete)
  • ● プロセス分割が適切に行われているか
    (1つのプロセスで複数のエンティティに対する処理が詰め込まれていないか)
  • ● エンティティの正規化が適切に行われているか
    (1つのエンティティにアクセスが集中していないか)

このCRUD図からは、顧客マスタや、商品マスタなどのマスタ表や在庫表へのアクセスが複数のサブシステムから実行されていることがわかります。

もし、必要であれば、このようなマスタ表やイベント表を、営業所や倉庫などの拠点ごとに分散させることを考えます。
各拠点にデータベースサーバを配置し、そこに表を配置します。
その場合、マスタ表やイベント表の同期をとるために、定期的に最新の状態に更新されたデータを、最新の状態になっている表からコピーする必要があります。

データベース設計についてもっと学びたいなら

> Oracle設計 研修コース一覧

具体的な作業イメージが掴みづらい概念設計を詳しく学べるコースです。
技術力に定評のあるトレーナー陣がデータベース設計作業をじっくり丁寧に解説し、スキルアップをサポートします。
また、ご要望に応じて一社向けに研修コースをカスタマイズすることも可能です。

スケジュールガイド

7.1 論理設計で行うこと

エディフィストラーニングHOME