ステップバイステップガイド Windows Server 2012のインストールと初期設定|エディラボ

お問い合わせ・お申し込みはお気軽に「0120-876-544」

  • 研修コースをさがす
  • サービスをさがす
  • 新着情報
  • 無料セミナー/イベント情報

ネットワーク構築のためのヒントと技術解説/ステップバイステップガイド Windows Server 2012のインストールと初期設定

ステップバイステップガイド Windows Server 2012のインストールと初期設定(4/4)

ネットワーク技術の
トレーニングはこちら
Ciscoの
トレーニングはこちら

本文書では、Windows Server 2012のインストールと初期設定の手順、簡単な操作方法をご紹介しています。

●4. Windows Server 2012の初期設定

Vista以降のWindowsは、インストールのステップを簡略化するため、インストール後にできることを「先送り」するようになりました。
インストール直後は、コンピューター名はランダムに割り当てられており、IPアドレスはDHCPサーバーから取得するように構成されているなど、サーバーとしての設定が不十分な状態になっています。このため、インストール後は、初期設定を行う必要があります。
初期設定は、コントロールパネルから個別に行うこともできますが、サーバーマネージャーから各種の設定画面を呼び出すこともできます。サーバーマネージャーから初期設定を行う場合は、[ローカルサーバー]をクリックし、右側の領域に注目します。

[プロパティ]領域の下には[イベント][サービス][ベストプラクティスアナライザ][パフォーマンス][役割と機能]という領域があり、この画面を見ればシステムの状態が確認できるよう構成されています。

①コンピュータ名の変更

コンピューター名を変更するには、次の手順を実行します。

【1】インストール中に自動的に設定されるコンピューター名を、任意のコンピューター名に変更する場合は、[コンピューター名]の領域の青い文字(現在のコンピューター名)をクリックします。

【2】[システムのプロパティ]が表示されるため、[変更]をクリックします。

【3】[コンピューター名]で、既存のコンピューター名を削除し、新しいコンピューター名を入力します。
その後、[OK]をクリックします。

【4】再起動が必要なことを伝えるメッセージが表示されるため、[OK]をクリックします。

【5】手順2.のウインドウに戻るため、[閉じる]をクリックし、再起動を要求するウインドウが表示されたら[今すぐ再起動する]をクリックします。

②IPv4アドレスの変更

Windows Server 2012では、インストール直後はDHCPクライアントとして構成されます。
サーバーは手動でIPアドレスを割り当てるコンピューター名を変更するには、次の手順を実行します。

【1】サーバーマネージャーの[ローカルサーバー]の[プロパティ]領域で、[イーサネット]の青い文字(現在のIPアドレスまたは「接続なし」と表示されている場合もあります)をクリックします。

【2】[イーサネット]アイコンを右クリックし、[プロパティ]を選択します。

【3】[インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)]を選択し、[プロパティ]をクリックします。

【4】[次のIPアドレスを使う]を選択し、手動でIPアドレスとサブネットマスクを入力します。
また、ルータやレイヤ3スイッチでルーティングされるネットワークでは、デフォルトゲートウェイのIPアドレス設定も必要です。
以下の例では、IPアドレスを10.1.2.100、サブネットマスクを255.255.255.0、デフォルトゲートウェイを10.1.2.254に設定しています。

【5】必要な設定ができたら[OK]をクリックします。

【6】[イーサネットのプロパティ]でも[OK]をクリックします。

最後までお読みいただき有難うございました。本記事は、弊社インストラクターが執筆した@ITの記事「Windows Server 2012×「ちょっとだけ連携」でネットワーク管理を便利に」と連動しています。是非あわせてお読みください。

また、弊社のネットワーク関連コースで、本記事に関連するコースは以下の通りです。

コース番号 コース名
ONW00010 ネットワーク入門(2日間:オリジナルコ-ス)
以下の 2 コースから Cisco に特化した項目を抜粋し、弊社のオリジナル演習を追加した、実機演習中心のコースです。
ONW00020 TCP/IPネットワーク ~主要プロトコルの動作と解析~(3日間:オリジナルコース)
本コースはCCENTに対応しています。また、CCNAの範囲にも含まれます。ネットワークの基礎概念を学習するとともに、Ciscoルータやスイッチに対しての基本設定コマンドを理解します。
ONW00030 実践 ネットワーク構築 ~スイッチドネットワーク~(2日間:オリジナルコース)
本コースは、上記のICND1とあわせてCCNAに対応しています。ICND1の内容を踏まえて、小規模から中規模のネットワークサイトのLANおよびWAN内で使用されるCiscoルータやCatalystスイッチの設定や機能を学習します。

スケジュールガイド

ステップバイステップガイド Windows Server 2012のインストールと初期設定

エディフィストラーニングHOME