人材育成×働き方改革「何が職場を壊すのか?」|エディフィストラーニング

お問い合わせ・お申し込みはお気軽に「0120-876-544」

  • 研修コースをさがす
  • サービスをさがす
  • 新着情報
  • 無料セミナー/イベント情報

人材育成×働き方改革「何が職場を壊すのか?」

会社をとりまく様々な問題。
同じ対策を講じていても結果は同じとは限りません。

A社は・・・

【対策の一例】
  • コンプライアンスを重視した通達
  • 過重労働対策
  • 職場環境改善
  • ストレスチェック制度

B社は・・・

企業の状況Before
企業の状況After
  • × コンプライアンスルールの形骸化
  • × 賃金未払い残業の増加
  • × 非効率な仕事
  • × メンタル不調
  • × 職場・人間関係の崩壊
  • ○ コンプライアンスルールの徹底
  • ○ 健康経営
  • ○ ワークライフバランス
  • ○ 働き甲斐のある仕事
  • ○ 良好な人間関係
「変われない会社」と
「変われた」会社
何が違うのでしょうか?

結局は「意識」でした。

素晴らしい仕組みも、素晴らしいツールも、そして素晴らしい人材も、動かすのは人です。
私たちは、職場を壊すのも作るのも、動かす人の「意識」だと考えています。

【生産性向上】
段取り力強化 / 課題発見・解決/ 図解思考 / BPR の進め方 / タイムマネジメント / ロジカルシンキング / デザイン思考 / 洞察力・推測力向上 / RPA ……など
【意識改革】
ミッションマネジメント / 管理職の意識改革の進め方 / リーダーシップ / メンタルヘルス / マインドフルネス / モチベーションマネジメント / 傾聴の進め方 / コーチングの進め方 / アサーションの進め方 / ハラスメント対応術 ……など

意識を備えることは、業績に寄与する

  • 意識を高めるための研修は、単にコンプライアンスのためにするのではない
  • レジリエンス経営 ⇒ 個々のレジリエンスを高め、組織的に収益を拡大させる

どのフェーズでも意識が重要

  • レジリエンス経営で、最大限の収益拡大を目指す
    • 各階層でレジリエンスを強化する研修を行う
    • 変化を受け入れ、逆境から成長へシフトする
    • 従業員は自立的に成長し続ける
    • やりがいと働きがい、創造性に満ちた自己肯定感
    • 企業は、極限の収益拡大を目指し、最強の経営基盤を確立する
  • 健康経営で経営の基盤を確立する
    • メンタルヘルス研修を実施し、生産性を高める土台を作る
    • 従業員を大切にする、適切な企業風土を醸成する
  • CSRで社会的な責任を果たす

知識と意識を高める ⇒ レジリエンス研修

  • 組織が変わる仕組みを作る
    • 各階層で実施することで、共通言語ができ、会話が可能になる
    • 意識が個人だけではなく、組織的に変わっていく
部長
「部下のミッションマネジメント」(2日)
課長
「部下のミッションマネジメント」(2日)
リーダー
「部下のミッションマネジメント」(2日)

人材育成×働き方改革「何が職場を壊すのか?」

エディフィストラーニングHOME