フルスタックエンジニア研修 -ハンズオンで学ぶ3層 Web システム構築編-|人材育成・研修のエディフィストラーニング

お問い合わせ・お申し込みはお気軽に「0120-876-544」

  • 研修コースをさがす
  • サービスをさがす
  • 新着情報
  • 無料セミナー/イベント情報

コースコード|コース名

  • New
    COMFS02
  • フルスタックエンジニア研修 -ハンズオンで学ぶ3層 Web システム構築編-

  • 期間
  • 4日
  • 時間
  • 9:30~17:30
  • 税抜価格
  • 220,000円
特記事項
会場が「遠隔研修(スタジオ1)」と記載されている日程については、オンラインライブでの開催となります。 詳細は「注意事項」の項目をご覧ください。

下記PDFファイルにて、事前にお客様のPCでSSH接続可能なことをご確認のうえ、お申込みください。
事前確認PDFファイル
印刷する

コース概要

Web、アプリケーション、データベースを利用した3層 Web システムの構築方法を、演習を通して学びます。 各サーバーを構築・連携することはもちろん、Web サービスで使用するコンテンツやアプリケーションの作成もご体験いただけます。 また「クライアントから提示された要件に従い3層 Web システムを構築する」というシナリオに沿って演習を行うため、システム構成図や設定書などのドキュメントを読み解く力も身につきます。 【到達目標】 ・Linux のパッケージインストール、サービス管理ができるようになる ・リスト、辞書、ライブラリを使った Python プログラムを作成し、サーバへデプロイできる ・HTML/CSS を使ったWebページを作成し、サーバへデプロイできる ・SQL を用いたデータベースの操作ができる ・システム構成図、設定書、設計書に書かれた要件に従い、3層 Web システムを構築できる

担当トレーナーからのひと言

本研修は、Web サービスの代表的な構成である3層 Web システムを「全て自分で」構築してみよう、という内容です。 そのため、開発系研修ではあまり触れない Linux 操作や、インフラ系研修では触れないプログラミングを一通り体験することができます。 各領域で前提となる基本スキルを凝縮しているため、どの分野にも本研修の続きとして進むことができ、担当ではない分野についても「何をしているかイメージができる」ようになる、これからのエンジニア経験に必ず役に立つ内容となっています!
(ご参考)フルスタックエンジニアについての理解を深めていただける記事です。是非ご覧ください。 【連載】フルスタックエンジニアになるには

前提条件

「フルスタックエンジニア研修 -ゼロから見渡す IT サービスの全容編-」を受講済みである、あるいは同等の知識を有すること

対象者

・これから IT エンジニア、IT コンサルタントもしくはセールスエンジニアを目指す方 ・マルチスキル化を目指すインフラエンジニア、アプリケーションエンジニアの方

コース内容

【コース内容】 1. Linux サーバーの管理方法を知ろう ・ソフトウェアを管理しよう ・サービスを管理しよう ・ユーザを管理しよう ・Web サーバを構築してみよう 2. Python で複雑なプログラムを書いてみよう ・関数を使いこなそう ・リストを使いこなそう ・ライブラリを使って、様々な処理を実装してみよう 3. Web サイトを作ってみよう ・Web サイトを作ろう ・アプリケーションサーバを構築しよう ・Web サーバとアプリケーションサーバを連携させよう 4. データベースを利用してみよう ・データの管理方法を知ろう ・SQL 文で RDBMS を操作してみよう ・アプリケーションサーバと連携させてみよう ・構築した3層 Web システムを振り返ってみよう 【ハンズオン】 ・yum コマンドを用いたパッケージのインストール ・systemctl コマンドを用いたサービスの管理 ・辞書と関数を使った認証プログラムの作成 ・リストと繰り返しを使った得点集計プログラムの作成 ・HTML/CSS を用いた Web ページの作成 ・Web サーバ(Apache)とアプリケーションサーバ(Flask)の連携 ・SQL によるテーブルの作成とデータ操作 ・Python のライブラリを使用した PostgreSQL サーバーとの連携

注意事項
  • 【オンラインライブ開催】
  • オンラインクラスにお申込みの方は、下記環境をご確認のうえ、お申込みをお願いいたします。
    お申込みいただいた時点で、環境確認がなされたものと判断させていただきます。

    【Zoom】 ・Zoom による Web 会議システムを使用いたします。  Zoom の導入は、お客様にて事前に済ませておいてください。  Zoom テストサイト(https://zoom.us/test)  ※上記テストは、必ず、トレーニングを受講する当日に使用する PC およびトレーニングを受講する場所(ネットワーク)で行ってください。 ・Zoomのファイル転送機能を利用することがあります。 【演習環境】 ・演習環境は、Google Cloud Platform(GCP)を利用します。 ※ 社内のイントラネットからアクセスする場合は、通信ポート(SSHポート:443)の制限により、演習が実施できない事象が発生しております。この場合、演習を行うことができません。 下記URLのPDFファイルにて、事前にお客様のPCでSSH接続可能なことを確認のうえ、お申込みください。   ■COMFS02の事前確認PDFファイル 【ソフトウェアのインストール】 ・演習にあたり、下記ソフトウェアのインストールが必要です。 ・Microsoft Office(PowerPoint, Excel) ・Python3 ※ ・Visual Studio Code ※ ・TeraTerm ※ ※インストール手順はお申し込み後(受講票送付時)にご案内いたします。
    【テキスト】 ・当研修は、電子テキスト(PDF)のご提供のみとなり、印刷テキストには対応しておりません。  なお配布後、受講者ご本人が使用する目的で印刷することは可能です。

    一社向けに特別指定コースとして実施可能です。ご相談ください。【講習会受付担当】0120-876-544

    メールでのお問い合わせはこちら

    フルスタックエンジニア研修 -ハンズオンで学ぶ3層 Web システム構築編-

    エディフィストラーニングHOME