メンターマインド向上研修|エディフィストラーニング

お問い合わせ・お申し込みはお気軽に「0120-876-544」

  • 研修コースをさがす
  • サービスをさがす
  • 新着情報
  • 無料セミナー/イベント情報

職場活性化のためのメンターマインド向上研修

今、注目のキーワード“メンターマインド”

メンターとは一般的には「良き指導者」という意味です。職場内におけるメンターとは、後輩社員に対して、相談・指導を行う経験豊富な特定先輩社員となります。そこでメンターにもっとも求められるのは「相手を思いやる心」です。さらにその心は特定先輩社員に留まらず、後輩社員に関わる全ての先輩社員にとっても必要なのです。誰もが、いざとなればメンターのような関わりで身近な人(社員)と関わることが出来る。この思いやりの心を「メンターマインド」と呼んでいます。

必要性は職場を超えて…

会社の様々な場面に「みんなを思いやる心」(=メンターマインド)が求められています。

職場の中に留まらず、職場の外で関わる、あらゆる人との間で「みんなを思いやる心」が求められています。

  • 職場の中で広がるメンターマインド
  • 職場の外で広がるメンターマインド

グローバル社会において…

ダイバーシティを受け入れる組織作りの根底で大切なメンターマインド。

グローバル社会では、様々な価値観を持つ相手との間で関係の質を高めなくてはなりません。そこでまず必要となるのは、相手を受け容れ、思いやる心=メンターマインドなのです。 対話の質が高まれば、思考の質、行動の質、そして、結果の質が高まります。ポジティブ心理学によると、ポジティブな感情が湧くと、心に余裕が生まれ、周囲の人たちに援助行動を行うことが実証されています。

組織の成功循環モデル

課題

しかしながら、現代人はついつい忘れがちです。

職場の中に留まらず、職場の外で関わる、あらゆる人との間で「みんなを思いやる心」だ求められています。

いくら強く「思いを持つ」ことはできても…

「実践できない」という声もよく聞きます。それは「思い」を「行動」に移すことに不慣れだからです。「思い」を「実践」に結びつけるには、実践のための知識・スキル学習と同時に初動のトレーニングが有効です。まずは、理解と実践を繰り返すことから始めましょう。

導入メリット

メンターマインドの向上が様々な場面で、多くの価値を生み出します。

  • ●職場で

    一人ひとりを尊重し、各自のもっている可能性を最大限活かすような会話が生まれ、職場に活気があふれる。...など

  • ●委託先等、ビジネスパートナーに対して

    パートナーとは上下関係が生まれ易い。特に自社が上の立場であるときに、横柄な態度でなく、大切なパートナーとしての尊敬の念を持ち接することができる。......など

  • ●顧客先で

    顧客と対話するときに、相手の思いをくみ取り、論理的なビジネス折衝だけでなく、情動的な面の「対話」も行うことで、一層深い信頼関係が生まれる。......など

  • ●家庭などプライベートな場で

    家庭では、日々の行動が当たり前になりすぎて、言葉にしない「暗黙の会話」になりがちであ る。改めて言葉にすることで「わかりあう」関係が高まり、お互いに笑顔が増える。......など

ここに注目!

身近な人の多様性を受け入れることが重要

  • ・個々人の「違い」を尊重し受け容れる。
  • ・「違い」に価値を見つける。
  • ・職務に関係ない特質を無視し、個人の成果、能力、貢献だけを考慮する。
  • ・「違い」にかかわらず、全社員を組織に平等に参加させ、能力を最大限発揮させる。

これらを実行し組織のパフォーマンスを向上させることがダイバーシティ・マネジメントです。メンターマインドを持つことは、ダイバーシティ・マネジメントを行うための必須要件です。

講座概要

  • 特徴

    1. 実績に基づく中身の濃い研修
    本研修は2009年に開発され、現在、株式会社野村総合研究所にて、延べ400名(過去40回の累計)を超える社員が受講し、高評価を得て現在も継続中です。
    2. 目の当たりにする行動変容
    左脳的アプローチから右脳的アプローチに変わることで、自分の言動が大きく変わる体験をします。
    3. コーチングのプロフェッショナルが個別指導する少人数制
    コーチングのプロフェッショナルが、受講者個人の資質を捉え、その言動について、個別指導します。
    4. 野村総合研究所グループ企業として培ってきた人材育成ノウハウを継承した手法
    受講者が自分の現状の姿に気づき、自ら行動変容をし、習慣化を起こすための3つのトレーニングを行います。
  • 内容

    【1日目】
    ・オリエンテーション
    ・(1)ドラマ・イン・トレーニング
    ・(2)インプロ・アップ・トレーニング
    【2日目】
    ・(3)Being Set トレーニング
    ・コンプリーション(新たな一歩へ)

  • 期待する成果

    メンターマインドのスキルセットを持つ社員が増えることにより、行動の変化が業績向上を生み出します。

事例紹介

株式会社野村総合研究所にて2009年より40回以上延べ400人以上が受講しています!

野村総合研究所|NRI情報技術本部 基盤リソース開発部 人材開発推進グループ

NRIのテクニカル系部署では、メンターマインドを「社員が共通して持つべき心構え」として、主に管理職層を中心にこの研修を展開しています。また、中堅社員が若手の相談相手(メンター)となる「メンター制度」を運用しており、メンターには本研修を必須とすることで、部下や後輩に対する接し方を身につけてもらっています。

  • 「こんなふうに感じていることもあるのか」と、自分の「思いやり」が偏っていたこと、必ずしも正しくない場合があることがつくづくわかった。
  • 仕事は感情抜きでいいと思っていましたが、感情を入れて話してもらった時のうれしい気持ちを実感し、やはり仕事は「事象と」ではなく「人と」としていることがわかりました。
  • この研修で学んだ「おもいやり」や「傾聴」は職場の周りの人だけでなく、家庭でも活かせることたど解ったので是非、家庭でも実施したい。

特別オープン研修のお知らせ

一社向けで実施してきた研修を、今回特別にオープン研修として開催致します

エディフィストラーニング株式会社 上級コンサルタント 清澤 正

(株)野村総合研究所にて20余年にわたり、経営コンサルティングに従事。 2004年に同社の人材育成子会社であるNRIラーニングネットワーク(株)にて、人材育成とコンサルティングの融合した事業を開始。心理学をベースにしたコーチング、論理思考をベースにしたファシリテーション、戦略思考をベースにしたコンサルテーションを組み合わせた、本質的議論~意識改革~実践力養成を得意としている。
2009年CMJ(キヤノンマーケティングジャパン)による株式取得に伴い社名がエディフィストラーニングに改称され、同時に転籍。現在に至る。

お問い合わせ・ご相談はこちら

メンターマインド向上研修

エディフィストラーニングHOME