DP-203 Data Engineering on Microsoft Azure(短縮3日間)

価 格
231,000円(税込)
/210,000円(税抜)
コースコード
MSCDP203
期 間
3日
時 間
9:30~17:30

開催日程

開催日 会場 キャンペーン お申し込み
2024/04/10(水) オンライン
2024/08/28(水) オンライン

コース概要

このコースでは、Azureデータプラットフォームテクノロジを使用したバッチおよびリアルタイムの分析ソリューションの操作に関連するデータエンジニアリングのパターンと実践について学習します。
分析ソリューションの構築に使用されるコアコンピューティングおよびストレージテクノロジーを理解することから、分析サービングレイヤーを設計する方法、ソースファイルを操作するためのデータエンジニアリングの考慮事項を学習します。
Azure Synapse Analytics、Azure DatabricksにあるApache Spark機能を使用してデータを読み込むために使用できるさまざまな取り込み手法、またはAzure Data FactoryまたはAzure Synapseパイプラインを使用して取り込む方法を学習します。
パフォーマンスを最適化できるように、分析システムのパフォーマンスをモニタリングおよび分析する方法を学習します。

到達目標

Microsoft Azureに存在するデータプラットフォームテクノロジを使用してデータエンジニアリングと分析ソリューションの構築方法を習得する。

トレーナーからの一言

クラウドシステムに最適といえるマイクロサービスアーキテクチャとは「ソフトウェアアプリケーションを独立して配置できる個々のサービスの集合体としてデザインする」ことです。この特性を最大に活かすには「データの特性ごとに適材適所のデータストアサービスを使う」ことが重要です。
このコースでは 「ポリグロット・パーシステンス」を実装するために必要となる、様々な Azure データプラットフオームテクノロジを紹介します。ぜひ、RDB一択からの脱却を目指してください。

以下のページでは、DP-300、DP-203 、DP-100、AI-102、DA-100の学習範囲を Azure Data Services ファミリの参照アーキテクチャに照らし合わせてわかりやすく説明しています。

DP-203 コースの学習範囲を、視覚的に把握していただけます。

■Azure データプラットフォーム+データ分析+AIコースで学習できること■

前提条件

  • クラウドコンピューティングとコアデータの概念に関する知識と、データソリューションに関する経験を有する。


推奨する事前受講コース:
・AZ-900 - Azure Fundamentals
・DP-900 - Microsoft Azure Data Fundamentals

対象者

  • Microsoft Azureに存在するデータプラットフォームテクノロジを使用してデータエンジニアリングと分析ソリューションを構築する方法について学びたいデータプロフェッショナル、データアーキテクト、およびビジネスインテリジェンスプロフェッショナルの方
  • Microsoft Azure上に構築された分析ソリューションを使用するデータアナリストの方

対象試験

DP-203 Data Engineering on Microsoft Azure

コース内容

1: データ エンジニアリング ワークロードのコンピューティングおよびストレージ オプションを確認する
2: Azure Synapse Analytics サーバーレス SQL プールを使用してインタラクティブなクエリを実行する
3: Azure Databricks でのデータの探索と変換
4: Apache Spark を使用してデータの探索と変換を行い、データ ウェアハウスに読み込む
5: データ ウェアハウスにデータを取り込んで読み込む
6: Azure Data Factory または Azure Synapse パイプラインでデータを変換する
7: ノートブックのデータを Azure Data Factory または Azure Synapse パイプラインと統合する
8: Azure Synapse Analytics を使用したエンドツーエンドのセキュリティ
9: Azure Synapse Link を使用してハイブリッド トランザクション分析処理 (HTAP) に対応する
10: Stream Analytics によるリアルタイムのストリーム処理
11: Event Hubs と Azure Databricks を使用してストリーム処理ソリューションを作成する

注意事項

短縮版(4日間→3日間)での実施のため、一部の演習を割愛、もしくは講師によるデモに切り替えさせていただいております。予めご了承ください。
 

・マイクロソフト社の公式教材はインターネット上で公開されます。事前に閲覧用のURLをお送りします。
・コースで使用する Azure組織アカウントはエディフィストラーニングがご用意いたします。
・PC およびインターネット環境はお客様にご用意いただきます。
  サポート OS : Windows 10 x64 以降
  サポート ブラウザ : Microsoft Edge、Chrome
・オンライン会議システムはZoomを使用します。下記でZoomのアクセスをご確認いただき、
 接続が確認できましたらお申込みください。
 ZOOMテストサイト外部リンク
・ PC モニタもしくは 2台目の PC やタブレット端末をご用意いただくことを強く推奨いたします。
 これは、講師の画面を表示しながら、演習を行ったり、電子テキストを表示したりするためです。

こんなご要望にもおこたえします

自社向けに、日程や内容の一部を変更して開催したい

ご要望に合わせた内容でカスタマイズしたコースを開催できます。 事前に、弊社の経験豊富なコンサルタントが、お客様のご要望をおうかがいし、最適なトレーニングをご提案いたします。 詳細は、お気軽にお問い合わせください。> 問い合わせフォーム

講師に来てもらい、自社の会議室などを会場にして開催したい

お客様のご指定場所でのコース実施ができます。機材の準備から講師の派遣まで、弊社ですべて行いますので、ご安心してお任せください。
詳細は、お気軽にお問い合わせください。> 問い合わせフォーム

見積もりを発行してほしい

見積書の発行は可能です。発行方法は以下のとおりとなります。

  • お申し込み前に、見積書を希望される場合
    コース名、日程、人数をご記入のうえ、「問い合わせフォーム」にてお問い合わせください。> 問い合わせフォーム
  • お申し込み時に、見積書を希望される場合
    「コースお申し込み」フォームの「備考欄」に「見積書発行希望」とご記入ください。

お問い合わせ

研修受講に際して疑問・不安・ご希望などをお伺いし、ご案内いたします。お気軽にお問い合わせください。

Page Top