システム要求分析とモデリング|人材育成・研修のエディフィストラーニング

お問い合わせ・お申し込みはお気軽に「0120-876-544」

  • 研修コースをさがす
  • サービスをさがす
  • 新着情報
  • 無料セミナー/イベント情報

コースコード|コース名

  • KZ001
  • システム要求分析とモデリング

  • 期間
  • 2日
  • 時間
  • 9:30~17:30
  • 税抜価格
  • 100,000円

開始日|税込価格|会場|キャンペーン|お申し込み

印刷する

コース概要

 システム開発の源流となる開発計画策定から要件定義工程に焦点を絞り、業務改善ニーズの分析・課題設定・改善策策定から、システム導入後の期待効果策定に至るまでの手法を修得し、可視化(モデル化)ができることを目的とします。
 本コースでは、仮想企業における販売管理業務を題材に、顧客の視点に立った要求分析定義を行うための考え方とその手法を、個人演習とグループ演習を交えて修得します。

担当トレーナーからのひと言

このコースでは、実際には見えにくい、把握しづらいお客様の課題や、業務内容をプロセスとデータの観点より可視化する手法をご説明します。
また、演習ではひとつの事例を基に実際にモデリングを行いますので、作業イメージがより理解いただけます。

前提条件
  • 基本的な商流を理解されている方(入門レベルで結構です)
対象者
  • システム企画・開発における要求分析や要件定義など、上流工程の概念と基本的な手法を修得されたい方
コース内容
  • 1.要求定義の概論
  • 2.要求定義の活動で知っておきたいこと
  • 3.要求の分析手順と獲得手法
  • 4.経営課題の定義[演習①/発表]
  • 5.現行業務の調査と分析[演習②/発表]
  • 6.ニーズ分析・問題点分析と課題の設定[演習③/発表]
  • 7.改善策と期待効果の定義[演習④/発表]
  • 8.改善後業務フローの作成[演習⑤/発表]
  • 9.要求定義の文書化

※研修の効率化を考慮し、コース内容が部分的に変更になる場合がありますので、予めご了承下さい。

到達目標
当コースの受講後は、次の事項ができるようになることを目標にしています。

  • 要求獲得のために行われる手法の数々を整理し、効果的な組み合わせと活用方法を理解する
  • DFDを使用して可視化を行う効果と、その書き方を理解する
  • KJ法による空間型収束の効果と、その適用方法を理解する
  • 要求分析・定義活動におけるトレーサビリティ確保の重要性を理解する
  • PDU/CDU情報

    PMP受験申請用学習時間:0   PDU:14 (T:14 L:0 S:0)   CDU:0

一社向けに特別指定コースとして実施可能です。ご相談ください。【講習会受付担当】0120-876-544

メールでのお問い合わせはこちら

システム要求分析とモデリング

エディフィストラーニングHOME