【無料オンラインセミナー】生成AIの基本を押さえて、使いこなす! Copilot for Microsoft 365 はじめの一歩

【セミナーのポイント】
Copilot for Microsoft 365 を活用するために必要な 5 つのスキルがわかります!

Copilot を使いこなすには、急がば回れ?!

前回350名以上のお申込があった大人気セミナーを再開催します!

この無料セミナーでは、Copilot を搭載した各アプリケーションの操作方法やプロンプト作成テクニックの前に、まずは「生成AIとはどんなものなのか」という基本を押さえて、Copilot for Microsoft 365 を使用する前に知っておくと良いことや心構えを、竹島講師の実体験をもとにお話します。生成AIの基本を押さえるステップが、Copilot 活用スキルの土台となり、結果的に Copilot for Microsoft 365 を使いこなすための近道になるはずです。

また、ひとくちに Copilot for Microsoft 365 と言っても、そこには複数のサービスが含まれます。たとえば Microsoft 365 用の Microsoft Copilot(with Commercial Data Protection)と、Microsoft 365 アプリの中で使う Copilot の違いがわかりますか? このように少しややこしい、Copilot for Microsoft 365 に含まれる様々なサービスの位置づけと使い分けについても、わかりやすくご説明します。

Copilot for Microsoft 365 を使い始めたばかりの方や、これから使い始めようとする方、まずは全体像をつかみたいという方に、ぴったりのセミナーです。セミナー後にはきっと、過度な期待や恐れなく Microsoft 365 の AIアシスタントを活用できるように、そして何より「Copilot を使ってみたい!」と思うようになるでしょう!

<セミナー参加特典>

  • セミナー投影資料(PDF)ダウンロード ※セミナー終了後、アンケートにお答えいただいた方
  • 関連コースが20%割引 ※詳細は申込完了メールにてご案内

開催概要

開催日時:2024年 7月30日(火) 14:00~16:00
受講料:無料

※同業者の方の参加はお断りしております。

対象者

  • Teams、Outlook、Word など Microsoft 365 アプリを​日常的に使用していて、これから、生成 AI および Microsoft Copilot for Microsoft 365 を 使い始めようとしているユーザー

配信方法

  • オンラインセミナー(Teamsを利用)
    ※お申込みされた方へ、受講用のURLをお送りします。

注意事項

  • セミナー受講に必要な環境(PC、インターネット接続、Teams の導入など)は参加者ご自身で用意をお願いします。

  • セミナー開催時には、参加者としてお名前(Teamsのアカウント名)が画面上に表示されます。

  • セミナーの模様は録画いたします。録画したセミナー内容(質疑応答を含む)は、受講生の個人情報が含まれない形で編集・販売したり、マーケティング活動に利用する場合があります。​

  • セミナーの内容は予告なく変更になる場合があります。

  • 弊社からのメルマガ配信を停止されている場合、ご案内が届かない場合があります。配信停止の解除をご希望の方は、こちらからお問い合わせください。

講師紹介

講師 竹島 友理

Microsoft 認定トレーナーであり、Microsoft MVP for Security です。Microsoft Azure、Microsoft Entra、Microsoft 365、Microsoft Copilot を主に担当しています。「簡単なことはより簡単に、複雑なことも簡単に」をモットーに、わかりやすいトレーニングを目指しています。主な著書は、日経BP社の「ひと目でわかるMicrosoft Entra ID」(旧称:ひと目でわかる Azure Active Directory)です。

ファシリテーター 甲田 章子

卓越した知識と経験が評価され、マイクロソフト社の Windows Insider MVP を2021年まで連続6年受賞。Microsoft 365やAzureの研修を担当し、そのわかりやすさと深い知識、丁寧な対応に定評がある。Microsoft社主催のパートナー向けトレーニング(mstep)の講師を多数務め、Microsoft 関連の書籍も数多く執筆している。

ファシリテーター 横山 依子

マイクロソフト認定トレーナー(MCT)として、マイクロソフト認定コース(Microsoft University)で講師を務める。担当製品は Microsoft Azure。わかりやすい解説で受講生のハテナを一緒に解決していく研修で人気。

コース紹介

お問い合わせ

こちらのフォームをご利用ください。

年別アーカイブ

Page Top