非機能テスト入門(性能・負荷、ユーザビリティ) ~注目度急上昇のテスト領域~|人材育成・研修のエディフィストラーニング

お問い合わせ・お申し込みはお気軽に「0120-876-544」

  • 研修コースをさがす
  • サービスをさがす
  • 新着情報
  • 無料セミナー/イベント情報

コースコード|コース名

  • SFT18004
  • 非機能テスト入門(性能・負荷、ユーザビリティ) ~注目度急上昇のテスト領域~

  • 期間
  • 1日
  • 時間
  • 10:00~17:00
  • 税抜価格
  • 42,000円
特記事項

  • ●会場が「オンライン」と記載されている日程については、オンラインライブでの開催となります。
  •  詳細は「注意事項」の項目をご覧ください。

  • ※オンラインに関するご案内は、主催社(株式会社SHIFT)よりご連絡いたします。

  • 開始日|税込価格|会場|キャンペーン|お申し込み

      • 1/28(金)
      • 46,200円
      • オンライン
      • 申し込む
      • 2/9(水)
      • 46,200円
      • オンライン
      • 申し込む
      • 3/7(月)
      • 46,200円
      • オンライン
      • 申し込む
      • 3/29(火)
      • 46,200円
      • オンライン
      • 申し込む
    印刷する

    コース概要

    本講座では、「非機能テスト」の重要性と全体像、及びその合格基準の決め方など、基礎知識を学び、実戦演習で技能を習得していただき「スキル」を身につけます。
    特に、「負荷テスト」「ユーザビリティテスト」については、実際にテストを考える場合のアプローチをご紹介します。

    ※このコースは株式会社SHIFTが開催いたします。
    ※受講案内は株式会社SHIFTから直接のご連絡となります。

    対象者

    〇新人(未経験者)
    〇テスト経験あり(2~3年)
    〇Leader候補
    ・非機能テストの全体像、合格基準の決め方の基礎を学びたい方
    ・特にユーザビリティテスト、負荷テストに関心のある方

    コース内容

    1. 非機能テストの種類と実施方法
    ・非機能テストとは?
    ・非機能テストと品質特性
    ・非機能テストの種類
    ・非機能テストの種類実施方法
    ・(演習)非機能テストの実施方法

    2. 非機能テストの合格基準の設定
    ・非機能テストの問題点
    ・非機能テストの合格基準
    ・非機能テストの合格基準の設定方法
    ・(演習)非機能テストの合格基準の設定

    3. 非機能テストのアプローチ(性能、負荷)
    ・負荷テストとは
    ・負荷テストを行う理由
    ・負荷テストツール

    4. 非機能テストのアプローチ(ユーザビリティ)
    ・ユーザビリティとは
    ・アクセシビリティ、ユーザエクスペリエンス
    ・ユーザビリティテストの種類

    ※内容は変更になる場合もあります

    注意事項
    • 【オンラインライブ開催】
    • オンラインクラスにお申込みの方は、下記環境をご確認のうえ、お申込みをお願いいたします。
    • お申込みいただいた時点で、環境確認がなされたものと判断させていただきます。

    • ●PCおよびインターネット環境はお客様にご用意いただきます。

    •  推奨環境:オンライン参加される場合は、基本的にZoomをご利用いただきます。
    •  快適なご受講のため、下記の推奨環境をご用意ください。
    •  システム要件 : インターネット接続(※推奨:有線接続、無線ブロードバンドも可)
    •  マイクおよびスピーカー(発表していただくことがあります)
    •  OS : Windows 8、Windows 8.1、Windows 10、Mac OS X (10.7以降)
    •  ブラウザ : Chrome、Firefox、Internet Explorer7以降、Safari5以降
    •  ※Zoomのアプリケーションのインストールを前提とした場合の推奨環境です。

    •  CPU : デュアルコア2Ghz以上
    •  メモリ : 4GB以上
    •  ディスプレイ : サブディスプレイをご用意いただくことをお勧めします。

    • ●ZoomによるWeb会議システムを使用いたします。

    •  Zoomの導入は、お客様にて事前に済ませておいてください。
       Zoomテストサイト外部リンク

     ※上記テストは、必ず、トレーニングを受講する当日に使用するPCおよび
       トレーニングを受講する場所(ネットワーク)で行ってください。

     ※受講時のお部屋の環境として、自由に発言できること、ノイズが入らないこと、
      および円滑なコミュニケーションのために、カメラの使用を推奨します。

    一社向けに特別指定コースとして実施可能です。ご相談ください。【講習会受付担当】0120-876-544

    メールでのお問い合わせはこちら

    非機能テスト入門(性能・負荷、ユーザビリティ) ~注目度急上昇のテスト領域~

    エディフィストラーニングHOME