4.1 物理設計の目的|エディラボ

お問い合わせ・お申し込みはお気軽に「0120-876-544」

  • 研修コースをさがす
  • サービスをさがす
  • 新着情報
  • 無料セミナー/イベント情報

4.1 物理設計の目的

ハードウェアの資源を使い切って、ユーザ要件を満たす性能と障害回復を中心として可用性の高いデータベースを実現することを目的とします。

図4-1 物理設計のインプットとアウトプット

図4-1 物理設計のインプットとアウトプット

物理設計では、ユーザの性能要件、予想データ量、SQL文、システムの物理要件を検討して、ユーザの性能要件を満たした、信頼性の高いデータベースを構築します。
物理設計のポイントを以下に示します。

  • ● 選択したデータベースの機能を十分に活用する
  • ● 限られたハードウェア資源を使い切ることを考える
  • ● モニタリングとチューニングの繰り返しで最適化する
  • ● 性能を発揮するために、SQLの分析スキル、各種RDBMSの機能を熟知している必要がある

データベース設計についてもっと学びたいなら

> Oracle設計 研修コース一覧

具体的な作業イメージが掴みづらい概念設計を詳しく学べるコースです。
技術力に定評のあるトレーナー陣がデータベース設計作業をじっくり丁寧に解説し、スキルアップをサポートします。
また、ご要望に応じて一社向けに研修コースをカスタマイズすることも可能です。

スケジュールガイド

4.1 物理設計の目的

エディフィストラーニングHOME