5.6 【設問】請求~入金|エディラボ

お問い合わせ・お申し込みはお気軽に「0120-876-544」

  • 研修コースをさがす
  • サービスをさがす
  • 新着情報
  • 無料セミナー/イベント情報

5.6 【設問】請求~入金

まず、現状の業務を説明するので、それを把握した上で、続く問題に答えなさい。

入金処理

  • ● 顧客は、請求書に記載された期日までに支払います
    翼商事にとっては入金になります
  • ● 支払い方法は銀行振り込みが一般的ですが、手形や期日指定現金などの場合もあります
  • ● 入金が確認された場合、入金額を登録し、請求データの消し込みを行います
    不足の場合は債権残、超過が生じた場合は超過分を前受金という形で管理します

Q 問題

業務の説明から、概略ER図を作成してください。
概略ER図では、エンティティと一意識別子を記述してください。

H ヒント

  • ● 入金の一意識別子が何になるかを考えましょう
  • ● これまでは、債権残、超過分は得意先元帳を使用して管理していました(下図参照)
    これに代わる適切なエンティティを考えましょう

図5-18 得意先元帳

図5-18 得意先元帳

A 解答

図5-19 解答

図5-19 解答

解説

  • 1. 入金の一意識別子は、顧客コードと入金日と考えることができます
  • 2. 売掛エンティティを利用して、超過受け取り分も管理できるようにしましょう
    前受金は、次回請求時に売上額からマイナス計算して請求額に反映するので、不足分と同様、売掛で管理できると考えられます

データベース設計についてもっと学びたいなら

> Oracle設計 研修コース一覧

具体的な作業イメージが掴みづらい概念設計を詳しく学べるコースです。
技術力に定評のあるトレーナー陣がデータベース設計作業をじっくり丁寧に解説し、スキルアップをサポートします。
また、ご要望に応じて一社向けに研修コースをカスタマイズすることも可能です。

スケジュールガイド

5.6 【設問】請求~入金

エディフィストラーニングHOME