AI-102 Microsoft Azure AI ソリューションの設計と実装(短縮3日)

価 格
231,000円(税込)
/210,000円(税抜)
コースコード
MSCAI102
期 間
3日
時 間
9:30-18:00

特記事項

 

本コースは現在オンライン形式で開催しております。
下記 URL より PDF をダウンロードし、事前に演習環境に接続可能なことをご確認の上、お申込みください。 事前確認PDFファイル

開催日程

開催日 会場 キャンペーン お申し込み
2024/04/24(水) オンライン
2024/06/24(月) オンライン
2024/08/14(水) オンライン
2024/09/30(月) オンライン

コース概要

本コースは、Azure Cognitive Services、Microsoft Bot Framework、および Azure Cognitive Search が提供する AI 機能を使用するアプリケーションの構築方法を学習したいソフトウェア開発者を対象としています。

プログラミング言語は、C# または Python を選択することができます。

※ マイクロソフト認定コース AI-102 Designing and Implementing a Microsoft Azure AI Solution(4日間)の 3日間の短縮コースです。

到達目標

以下の領域の基本的なスキルを習得できます。

・ AI 対応のアプリケーション開発の概要と考慮事項の理解

・ Azure Cognitive Services リソースを使用したアプリの作成、構成、デプロイ、および保護

・ テキスト分析アプリケーションの開発

・ 音声対応アプリケーションの開発

・ 自然言語理解機能を備えたアプリケーションの作成

・ QnA アプリケーションの作成

・ ボットとの会話型ソリューションを作成できる

・ コンピュータービジョンサービスを使用した画像やビデオの分析

・ カスタム コンピューター ビジョン モデルの作成

・ 顔を検出、分析、認識するアプリケーションの開発

・ 画像やドキュメントのテキストを読み取って処理するアプリケーションの開発

・ 知識マイニングのためのインテリジェントな検索ソリューションの作成

トレーナーからの一言

AI-102 は、Azure Cognitive Services が提供する SaaS ベースの AI 機能を活用したアプリ開発されるエンジニア向けのコースです。

Cognitive Services を使用することで機械学習の専門知識がなくても、アプリに AI 機能を組み込めるようになります。

必要なのは、見る、聞く、話す、検索する、理解する、そして意思決定を加速させる機能の使用方法を理解し、アプリから API を呼び出す方法を習得することです。

あらゆるスキル レベルの開発者が、AI 機能をアプリに簡単に追加することができます。

本コースの演習で使用するプログラミング言語は、C#、および Python から選択できます。

オンラインライブ研修環境では、八重洲教室で使用している PC と同等のスペックの VM に日本語版 Windows とツール類をインストールしてご用意しています。

快適な演習環境で分かりやすい演習ガイドを参照しながら、じっくりと検証していただけます。

なお、このコースの演習の一部では、受講者の PC に接続されたマイクによる発話を前提としますので、ご使用の PC にマイクがない場合、事前に外付けマイクをご用意していただき、受講前に行っていただく事前テストで、マイクによる発話が Cognitive Services のエンドポイントに入力されることを確認しておいてください。 よろしくお願いいたします。

以下のページでは、AI-102の学習範囲を Azure Data Services ファミリの参照アーキテクチャに照らし合わせてわかりやすく説明しています。
AI-102コースの学習範囲を、視覚的に把握していただけます。
■Azure データプラットフォーム+データ分析+AIコースで学習できること■

前提条件

このコースに参加する受講者は以下のスキルが必要となります。

・Microsoft Azure の基本知識と Azure ポータルを操作できること

・C# または Python でのプログラミングに慣れていること (エディターは、Visual Studio Code を使用します)

・REST API を使用したプログラミングと JSON に慣れていること

※ C# または Python のプログラミング経験がない場合は、本コースを申し込まれる前に 「C# の最初のステップ (https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/paths/csharp-first-steps/)」 または 「Python の最初のステップ (https://docs.microsoft.com/ja-jp/learn/paths/python-first-steps/)」 をご受講ください。

※ Azure の AI 機能の概要を理解されたい方は、受講前に AI-900 の受講をご検討ください。

対象者

・REST ベースの API を使用して Azure が提供する Cognitive Services の主要機能を活用したいデベロッパー

・言語分析、チャットボット、コンピュータービジョン、知識マイニング、インテリジェント検索などを活用した AI ソリューション構築に関心がある IT エンジニア

対象試験

AI-102: Designing and Implementing a Microsoft Azure AI Solution

コース内容

1. Azure での AI サービスの概要

2. Cognitive Services を使用した AI アプリの開発

3. Cognitive Services を使用した自然言語処理

4. 音声対応アプリケーションの開発

5. Computer Vision の概要

6. Custom Vision ソリューションの開発

7. 顔の検出、分析、認識

8. 画像やドキュメントからのテキストの読み取り

9. Language Understanding ソリューションの開発

10. QnA ソリューションの開発

11. Azure Bot Service による 会話型 AI ソリューションの開発

12. ナレッジ マイニング ソリューションの開発

注意事項

【環境確認】
・受講に必要なPCおよびインターネット環境はお客様にご用意いただきます。
・PCモニタもしくは2台目のPCやタブレット端末をご用意いただくことを強く推奨いたします。
 これは、講師の画面を表示しながら、演習を行ったり、電子テキストを表示するためです。


【受講PC環境】
・PC およびインターネット環境は、お客様にご用意いただきます。
 サポート OS : Windows 10 x64 以降
 サポート ブラウザ : Microsoft Edge、Chrome
 メモリ:8G以上
 常時インターネット接続


【事前環境確認】
・下記URLの事前確認PDFの実機確認をしてください。
■MSCAI102の事前確認PDFファイル
・Zoom へのアクセス テスト
 オンライン会議システムはZoomを使用しますので、下記でZoomのアクセスをご確認ください。
 Zoomテストサイト:https://support.zoom.us/hc/ja/articles/115002262083/
・Azure Lab Services へのサインイン
・演習用仮想マシンの起動とリモート デスクトップ接続
・リモート デスクトップ接続した仮想マシンからのマイクとスピーカーのテスト


※マイクロソフト社の公式教材はインターネット上で公開されます。事前に閲覧用のURLをお送りします。
※コースで使用するマイクロソフト認定テキストは、電子テキストを使用します。

こんなご要望にもおこたえします

自社向けに、日程や内容の一部を変更して開催したい

ご要望に合わせた内容でカスタマイズしたコースを開催できます。 事前に、弊社の経験豊富なコンサルタントが、お客様のご要望をおうかがいし、最適なトレーニングをご提案いたします。 詳細は、お気軽にお問い合わせください。> 問い合わせフォーム

講師に来てもらい、自社の会議室などを会場にして開催したい

お客様のご指定場所でのコース実施ができます。機材の準備から講師の派遣まで、弊社ですべて行いますので、ご安心してお任せください。
詳細は、お気軽にお問い合わせください。> 問い合わせフォーム

見積もりを発行してほしい

見積書の発行は可能です。発行方法は以下のとおりとなります。

  • お申し込み前に、見積書を希望される場合
    コース名、日程、人数をご記入のうえ、「問い合わせフォーム」にてお問い合わせください。> 問い合わせフォーム
  • お申し込み時に、見積書を希望される場合
    「コースお申し込み」フォームの「備考欄」に「見積書発行希望」とご記入ください。

お問い合わせ

研修受講に際して疑問・不安・ご希望などをお伺いし、ご案内いたします。お気軽にお問い合わせください。

Page Top