AZ-204 Developing Solutions for Microsoft Azure (短縮3日)

価 格
198,000円(税込)
/180,000円(税抜)
コースコード
MSCAZ204
期 間
3日
時 間
09:30~18:00

特記事項

本コースは現在オンライン形式で開催しております。
下記 URL より PDF をダウンロードし、事前に演習環境に接続可能なことをご確認の上、お申込みください。 事前確認PDFファイル

開催日程

開催日 会場 キャンペーン お申し込み
2024/03/25(月) オンライン
2024/04/24(水) オンライン
2024/05/22(水) オンライン
2024/06/24(月) オンライン
2024/07/22(月) オンライン
2024/08/21(水) オンライン
2024/09/24(火) オンライン

コース概要

主要なAzure PaaS サービスを理解し、クラウド ネイティブなアプリケーションの開発、配置、保守の方法をハンズオン形式で学習します。特に Azure の次のサービスのデプロイと構成、また、その上で動作するアプリケーション コードの作成方法や監視の手順を習得できます。

・Azure Container Instances および App Service for Container を使用したコンテナー化ソリューションの構築方法
・Azure App Service の作成と管理、および API を文書化する方法、Azure Functions の作成とテスト方法
・Azure ストレージ サービスのデプロイ、構成、およびアプリケーション コードの作成とデプロイ
・論理サーバー、および、SQL Database のデプロイ、構成、およびアプリケーション コードの作成とデプロイ
・Azure Cosmos DB のデプロイ、構成、およびアプリケーション コードの作成とデプロイ
・MSAL.NET と Graph API を使用したセキュアな認証手順の実装方法
・Key Vault コンテナーによるシークレットの保護とアプリケーションからの使用方法
・Azure PaaS サービスの監視方法
・Azure PaaS サービスの連携ソリューションの構築方法

※ 本コースは、マイクロソフト認定コース (MOC) AZ-204 (5日間) のハンズオン演習を中心に日本語化した 3 日間の短縮コースです。MCP 試験 (AZ-204) にも対応していますが、試験では本コースの範囲以外からも出題されているため、試験対策をお考えの場合、追加で「AZ-204 試験対策セミナー」をご受講いただくことをお勧めします。

到達目標

・Azure ポータル、Azure CLI を使用し、主要な Azure PaaS リソースをデプロイできる
・Web アプリケーションや API のコードを記述し、主要な Azure PaaS サービスに配置できる
・Azure SQL Database、Cosmos DB 、およびストレージ サービスの使い分けを理解し、アプリケーション コードから接続して利用できる
・Azure PaaS サービスに配置したアプリケーションの監視、分析、最適化が行える

トレーナーからの一言

AZ-204 は、Azure でアプリ開発をされるエンジニア向けのコースです。
Web アプリを Azure Web App、Functions、SQL Database、Cosmos DB といったAzure フルマネージドサービスをデプロイして動作させます。基本的な Web アプリから始めて、データベースを使用するアプリケーションやAzure サービスと連携して動作するアプリケーションを作成しながら、Azure でのアプリ開発の基本を習得します。

使用する プログラミング言語は、C# で、フレームワークは .NET Core を使用しますので、C# でのプログラミング経験があると理解しやすいです。

AZ-204 のオンラインライブ研修は、八重洲教室で使用している PC と同等のスペックの VM に日本語版 Windows とツール類をインストールしてご用意しています。
快適な演習環境で、分かりやすい演習ガイドを参照しながら、じっくりと検証していただけます。

以下のページでは、Azure 学習のモデルコースについてわかりやすく説明しています。
本コース受講をご検討の方は、是非「Microsoft Azure の学び方」をご覧ください。
どのコースでどのような範囲を学ぶのかを視覚的に把握していただけます。

■Microsoft Azure の学び方■

前提条件

次の基礎知識およびご経験がある方

-.NET での Web アプリケーションの開発経験があること

-C#、SQL の基礎構文を理解していること

-ネットワークの基礎知識 (TCP/IP、DNS、仮想ネットワーク、ファイアウォール、および暗号化) があること

-仮想化技術の基礎知識があること

対象者

  • クラウド技術の基本的な知識を有し、Azure PaaS の主要サービスについて、詳しく知りたい IT エンジニア
  • Azure Web App、Functions、SQL Database、CosmosDB、Storage Account を組み合わせたアプリケーション開発、展開、構成を理解したい IT エンジニア
  • オンプレミスで動作している .NET ベースの Web アプリケーションを Azure PaaS 環境に移行したいと考えているアプリケーション開発者

対象試験

AZ-204 Developing Solutions for Microsoft Azure

コース内容

1. Azure PaaS へのアプリケーションの配置と実行
Azure Web App の構成方法と Web アプリケーションや API のデプロイ方法を理解します。
2. Azure Function App 関数アプリケーションの実装
Azure Function App を使用して、HTTP トリガー関数やタイマー トリガー関数の実装方法を学習します。
3. コンテナーへのアプリケーションの配置と実行
Azure の基本的な Docker コンテナー サービスである Azure Container Instance や Azure App Service for Container を使用してアプリケーションをデプロイする方法を学習します。
4. Azure Storage Account を使用するアプリケーションの開発
Blob および Queue ストレージのクライアント アプリの作成方法を学習します。
5. Azure PaaS での ASP.NET Core MVC によるデータベース アプリケーション開発
Azure SQL Database、Azure Cosmos DB を使用する ASP.NET Core MVC アプリケーションの開発、デプロイ、デバッグ方法を学習します。
6.認証と承認の実装
MSAL や Microsoft Graph API を使用した認証と承認のプロセスを実装する方法を学習します。
7.セキュアなクラウドソリューションの実装
アプリケーションコードから Azure リソースにアクセスするための接続情報を保護する方法を学習します。
8. Azure PaaS ソリューションの監視と最適化
Event Grid、Application Insights を使用してアプリケーションを監視し、最適化する方法を学習します。
9. Azure PaaS サービスの連携ソリューション
Azure Logic App、Azure API Management などのサービスを組み合わせたソリューションの構築方法を学習します。

※ 内容は、予告なく変更される場合があります。

注意事項

【オンラインライブ開催】
オンラインクラスにお申込みの方は、下記環境をご確認のうえ、お申込みをお願いいたします。
お申込みいただいた時点で、環境確認がなされたものと判断させていただきます。


・PC およびインターネット環境はお客様にご用意いただきます。
  サポート OS : Windows 10以降
  サポート ブラウザ : Microsoft Edge、Chrome
・ハンズオン演習がお客様のPCで実施可能かを確認するため、下記URLよりPDFをダウンロードして、事前に接続可能なことを確認できましたらお申込みください。
 ■MSCAZ204の事前確認PDFファイル
  上記の環境テストの手順書PDFの概要は下記となります。
   1 オンライン会議ツールのアクセス テスト
   2 Azure Lab Services へのサインイン
   3 Windows 仮想マシンへの RDP 接続テスト
・演習で使用するメイン PC に追加して、2 台めの PC モニタ、もしくは、PC やタブレット端末をご用意いただくことを強く推奨いたします。
 これは、講師の画面を表示しながら、演習やチャットを行うためです。
 

※ 社内のイントラネットからアクセスする場合は、通信ポート(RDPポート:49152~65535)の制限により、演習が実施できない事象が発生しております。この場合、演習を行うことができません。
※ 社内の PC を使用している場合、アプリケーションのインストールなどができないように制限が加えられている場合があります。この場合、演習を行うことができません。

上記の環境テストの接続が失敗する場合や必要なアプリケーションがインストールできない場合は、ご自宅など制限のないネットワークでのご受講をご検討ください。

会場による違いは下記となります。
【共通】
・コースで使用するテキストは、エディフィストラーニングがご用意いたします。
・マイクロソフト社の公式教材はインターネット上で公開されます。事前に閲覧用のURLをお送りします。

こんなご要望にもおこたえします

自社向けに、日程や内容の一部を変更して開催したい

ご要望に合わせた内容でカスタマイズしたコースを開催できます。 事前に、弊社の経験豊富なコンサルタントが、お客様のご要望をおうかがいし、最適なトレーニングをご提案いたします。 詳細は、お気軽にお問い合わせください。> 問い合わせフォーム

講師に来てもらい、自社の会議室などを会場にして開催したい

お客様のご指定場所でのコース実施ができます。機材の準備から講師の派遣まで、弊社ですべて行いますので、ご安心してお任せください。
詳細は、お気軽にお問い合わせください。> 問い合わせフォーム

見積もりを発行してほしい

見積書の発行は可能です。発行方法は以下のとおりとなります。

  • お申し込み前に、見積書を希望される場合
    コース名、日程、人数をご記入のうえ、「問い合わせフォーム」にてお問い合わせください。> 問い合わせフォーム
  • お申し込み時に、見積書を希望される場合
    「コースお申し込み」フォームの「備考欄」に「見積書発行希望」とご記入ください。

お問い合わせ

研修受講に際して疑問・不安・ご希望などをお伺いし、ご案内いたします。お気軽にお問い合わせください。

Page Top