AZ-900 Microsoft Azure Fundamentals ハンズオン演習付き

価 格
66,000円(税込)
/60,000円(税抜)
コースコード
MSCAZ900
期 間
1日
時 間
9:30~17:30

特記事項

環境確認が必須となりますので、詳細は「注意事項」の項目をご覧ください。

開催日程

開催日 会場 キャンペーン お申し込み
2024/08/02(金) オンライン
2024/08/16(金) オンライン
2024/08/30(金) オンライン
2024/09/13(金) オンライン
2024/09/27(金) オンライン
2024/10/04(金) オンライン
2024/10/18(金) オンライン
2024/10/31(木) オンライン
2024/11/12(火) オンライン
2024/11/28(木) オンライン
2024/12/10(火) オンライン
2024/12/24(火) オンライン
2025/01/16(木) オンライン
2025/01/30(木) オンライン
2025/02/14(金) オンライン
2025/02/27(木) オンライン
2025/03/13(木) オンライン
2025/03/27(木) オンライン

コース概要

このコースでは、次に挙げるクラウドサービスの基礎レベルの知識を習得し、Microsoft Azureで提供されているサービスについて説明します。これにより、Microsoft Azureで何ができるかを理解することができます。また、ハンズオン演習を行い、Azureを体験します。

・クラウドコンピューティングの概要、メリットと留意事項
・パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウドおよびIaaS、PaaS、SaaSの違い
・Microsoft Azureの基本概念(サブスクリプション、リソースグループ、リージョンなど)について
・Microsoft Azureの主要なサービス(仮想マシン、App Service、仮想ネットワークなど)について
・Microsoft Azureの主要なセキュリティ(Microsoft Entra ID 、ロールベースアクセス制御、Azure Policyなど)について
・Microsoft Azureの主要な管理ツール(Azure Portal、Azure PowerShell、Azure CloudShellなど)
・Microsoft Azureのコストの見積もり、管理手法について

到達目標

Microsoft Azure に代表されるクラウドサービスやそれらのコンセプトを理解する。また、「AZ-900 Microsoft Azure Fundamentals」試験受験の準備にもなります。

トレーナーからの一言

このコースでは、Microsoft Azure に代表されるクラウドサービスやそれらのコンセプトを学びます。
クラウドならではの考え方やオンプレミスとの違いを理解することで、クラウドを業務に活用していく
ことができます。
クラウドを業務で活用する場合、クラウドサービスを使用するユーザーとしてだけではなく、
システムを構築する技術者、販売、提案、運用保守など、いろいろな立場の方がいらっしゃるのではないでしょうか。
このコースは、「鳥の目」で俯瞰的にクラウドをとらえられるように各章を説明していきますので、
技術者だけではなく、クラウドベースのソリューションやサービスの販売、購入など、技術以外の
バックグラウンドをお持ちの方も対象としています。ですから、このコースを受講するための前提条件はありません。
Microsoft Azureについて学ぶためのファーストステップとして受講してください。

英語版コースでは座学がメインの研修ですが、弊社ではハンズオン演習を付け加え、受講者の方が実践的に学べるように配慮しています。

前提条件

前提条件はありません。技術的なITの経験も必要ありませんが、一般的なITの知識や経験は有益です。

対象者

このコースは、次のような方々を対象としています。

  • クラウドベースのソリューションやサービスの販売、購入など、技術以外のバックグラウンドをお持ちの方
  • クラウドベースのソリューションやサービスに関与している方
  • クラウドサービスやMicrosoft Azureを初めて触る、技術者

コース内容

1.クラウドの概念について説明する

・オンプレミスとクラウドコンピューティング

・資本的支出(CapEx)と運営支出(OpEx)

・クラウドコンピューティングのスケーラビリティ、弾力性

・パブリッククラウド

・プライベートクラウド

・ハイブリッドクラウド

・マルチクラウド

・IaaS(Infrastructure as a Service)

・PaaS(Platform as a Service)

・SaaS(Software as a Service)

 

2.Azure のアーキテクチャとサービスについて説明する

・サブスクリプション

・リソースグループ

・リソース

・リージョン

・可用性セット

・Azure Virtual Machines

・Azure App Service

・Azure Virtual Network

・Azure Disk Storage

・Azure Blob Storage

・Azure Files

・Microsoft Entra ID

・ロールベースのアクセス制御(RBAC)

 

3.Azure の管理とガバナンスについて説明する

・Microsoft Azureのコストを決定する主な要因

・料金計算ツールおよびTCO計算ツール

・Azure Cost Management

・Azure Policy

・リソースロック

・Azure Portal

・Azure PowerShell

・Azure Cloud Shell

・Azure Resource Managerテンプレート

・Azure Advisor

・Azure Monitor

注意事項

【オンラインライブ開催】
オンラインクラスにお申込みの方は、下記環境をご確認のうえ、お申込みをお願いいたします。
お申込みいただいた時点で、環境確認がなされたものと判断させていただきます。


・PC およびインターネット環境はお客様にご用意いただきます。
  サポート OS : Windows 10以降
  サポート ブラウザ : Microsoft Edge、Chrome
・ハンズオン演習がお客様のPCで実施可能かを確認するため、下記URLよりPDFをダウンロードして、

 事前に接続可能なことを確認できましたらお申込みください。
 ■MSCAZ900の事前確認PDFファイル

 https://www.edifist.co.jp/download/textbook/MSCAZ900/pre/MSCAZ900_check.pdf
  上記の環境テストの手順書PDFの概要は下記となります。
   1 オンライン会議システムへの接続 テスト
   2 Microsoft アカウントの取得
   3 Azure ポータル(https://portal.azure.com)へのサインイン
   4 リモートデスクトップ接続確認
・演習で使用するメイン PC に追加して、2 台めの PC モニタ、もしくは、PC やタブレット端末を

 ご用意いただくことを強く推奨いたします。
 これは、講師の画面を表示しながら、演習やチャットを行ったり、電子テキストを表示したり

 するためです。

※社内のイントラネットからアクセスする場合は、通信ポート(RDPポート:3389)の制限により、

 演習が実施できない事象が発生しております。この場合、演習を行うことができません。
※社内の PC を使用している場合、アプリケーションのインストールなどができないように制限が

 加えられている場合があります。この場合、演習を行うことができません。

上記の環境テストの接続が失敗する場合や必要なアプリケーションがインストールできない場合は、

ご自宅など制限のないネットワークでのご受講をご検討ください。

会場による違いは下記となります。
【共通】
・マイクロソフト社の公式テキストはインターネット上で公開されます。事前に閲覧用のURLを

 お送りします。
・演習環境はエディフィストラーニングがご用意します。
・コースで使用する Azure アカウントはエディフィストラーニングがご用意いたします。
・コースで使用する Microsoft アカウントはこちらの手順で

https://www.edifist.co.jp/download/MSCAZ900/Microsoft_Account_guide.pdf

お客様が事前にご準備ください。


【八重洲会場開催】
・PC およびインターネット環境は、エディフィストラーニングがご用意いたします。

こんなご要望にもおこたえします

見積もりを発行してほしい

見積書の発行は可能です。発行方法は以下のとおりとなります。

  • お申し込み前に、見積書を希望される場合
    コース名、日程、人数をご記入のうえ、「問い合わせフォーム」にてお問い合わせください。> 問い合わせフォーム
  • お申し込み時に、見積書を希望される場合
    「コースお申し込み」フォームの「備考欄」に「見積書発行希望」とご記入ください。

適格請求書(インボイス)に対応していますか?

対応しています。

  • 適格請求書発行事業者登録番号:T8010001012283
  • 請求書の主な記載内容:適格請求書発行事業者の登録番号、適用税率、税率ごとの消費税額等
    ※消費税は税率毎の合計金額に対して計算します

自社向けに、日程や内容の一部を変更して開催したい

ご要望に合わせた内容でカスタマイズしたコースを開催できます。 事前に、弊社の経験豊富なコンサルタントが、お客様のご要望をおうかがいし、最適なトレーニングをご提案いたします。 詳細は、お気軽にお問い合わせください。> 問い合わせフォーム

講師に来てもらい、自社の会議室などを会場にして開催したい

お客様のご指定場所でのコース実施ができます。機材の準備から講師の派遣まで、弊社ですべて行いますので、ご安心してお任せください。
詳細は、お気軽にお問い合わせください。> 問い合わせフォーム

お問い合わせ

研修受講に際して疑問・不安・ご希望などをお伺いし、ご案内いたします。お気軽にお問い合わせください。

Page Top