3.2 インプットとアウトプット|エディラボ

お問い合わせ・お申し込みはお気軽に「0120-876-544」

  • 研修コースをさがす
  • サービスをさがす
  • 新着情報
  • 無料セミナー/イベント情報

できるエンジニアになるためのちょい上DB術/第2章 概念設計

3.2 インプットとアウトプット

3.2 インプットとアウトプット

論理設計では、概念設計で考慮しなかったアプリケーション側の処理要件や、性能要件を念頭においた設計を行います。
概念設計では、「何を」管理するかのみを考えて設計しましたが、論理設計では「いかに」ユーザの求める性能要件を満たすことができるかを考えます。

また、論理設計では、データベースの種類を決め、それに合わせた最適化を行います。
最適化の方法としては、インデックスを設計する、正規化を崩すなどがあげられます。
この過程で大切なのは、概念設計で作成したER図の構造変更は、最小限にすることです。
併せてデータのアクセス権限を管理するためにビューを作成します。

最後に、論理設計のアウトプットは、データベースに実装することのできる最終的な成果物であるため、表に実装するのに必要な情報をすべて決定します。

論理設計のインプットとアウトプット

図3-1 論理設計のインプットとアウトプット

データベース設計についてもっと学びたいなら

> Oracle設計 研修コース一覧

具体的な作業イメージが掴みづらい概念設計を詳しく学べるコースです。
技術力に定評のあるトレーナー陣がデータベース設計作業をじっくり丁寧に解説し、スキルアップをサポートします。
また、ご要望に応じて一社向けに研修コースをカスタマイズすることも可能です。

スケジュールガイド

3.2 インプットとアウトプット

エディフィストラーニングHOME