6.1 【設問】受発注(1/3)|エディラボ

お問い合わせ・お申し込みはお気軽に「0120-876-544」

  • 研修コースをさがす
  • サービスをさがす
  • 新着情報
  • 無料セミナー/イベント情報

第6章のはじめに

第6章では、実際の業務を詳細に分析してモデリングをしてみます。
第5章までに学んだことに注意して、概念設計のアウトプットとして冗長性のない、正規形を満たしたER図を作成します。

開発チームとの連携という意味では、このフェーズは業務要件の分析を行い、詳細な仕様を詰めていく段階です。
疑問点やあやふやな点が出てきたら、自分達の思い込みで勝手に仕様を作成してしまうのではなく、必要な人、もしくはグループとの意識合わせを行ってください。
間違った仕様を元に概念設計を行うと、後での修正はたいへんな作業になってしまうことを肝に命じておいてください。

まず、第2章で学んだことを復習しておきましょう。 概念設計の詳細ER図作成で行うことは以下のとおりです。

  • ● 業務で使用するデータ項目をすべて属性として洗い出す
  • ● 正規形を満たしている
  • ● 一意識別子は、この段階では人工的なキーは考えない
  • ● エンティティ名や属性名にはわかりやすい、重複しない名前をつける
  • ● ドメインが決まるものについて検討する

実業務の場合は、以下の観点に留意してください。

  • ● 受注から入金までのデータのターンアラウンドを考えたとき、処理忘れを管理するために「残」が確認できるよう意識して設計します
  • ● 導出項目や重複項目は、正規化の観点からは排除すべきです
    ただし、一度排除してしまうと、元にどのような項目があったかを再度検討することは難しいため、導出、重複、という説明書とともに残しておくことをお勧めします
  • ● 業務に必要な属性はすべて管理する必要があります
    もし、業務で必要な属性が不足していたことが後の工程で分かった場合、データベースの設計し直し、すなわちアプリケーションの作り直しというたいへんな手戻り作業が発生します
    概念設計の詳細設計フェーズですべての業務要件を満たすデータベースを目指して設計してください

6.1 【設問】受発注(1/3)

受発注に関する詳細ER図を作成するには、以下の項目に分けてアプローチします。
受発注エンティティの詳細分析では、在庫も「引当」という観点で分析すべきですが、受発注処理と在庫処理を一緒に分析するとわかりにくくなるため、在庫は「6.2 【設問】受発注~入出荷」で分析します。

データベース設計についてもっと学びたいなら

> Oracle設計 研修コース一覧

具体的な作業イメージが掴みづらい概念設計を詳しく学べるコースです。
技術力に定評のあるトレーナー陣がデータベース設計作業をじっくり丁寧に解説し、スキルアップをサポートします。
また、ご要望に応じて一社向けに研修コースをカスタマイズすることも可能です。

スケジュールガイド

6.1 【設問】受発注(1/3)

エディフィストラーニングHOME