ステップバイステップガイド Windows Server 2012のインストールと初期設定|エディラボ

お問い合わせ・お申し込みはお気軽に「0120-876-544」

  • 研修コースをさがす
  • サービスをさがす
  • 新着情報
  • 無料セミナー/イベント情報

ネットワーク構築のためのヒントと技術解説/ステップバイステップガイド Windows Server 2012のインストールと初期設定

ステップバイステップガイド Windows Server 2012のインストールと初期設定(1/4)

ネットワーク技術の
トレーニングはこちら
Ciscoの
トレーニングはこちら

本文書では、Windows Server 2012のインストールと初期設定の手順、簡単な操作方法をご紹介しています。

●1. Windows Server 2012のインストール

最初に、Windows Server 2012のインストール方法を確認します。
インストールメディアがない場合は、マイクロソフトのWebサイトで提供されている評価版をダウンロードして使用できます。

Windows Server 2012評価版は、以下のWebサイトで提供されています。評価期間は180日間です。

また、Windows Server 2012をインストールする前に、システム要件などを確認しましょう。

上記の Web サイトに記載されている最小用件は以下の通りです。
1.4GHz 64 ビットプロセッサ
RAM 512MB 以上
ハードディスクの空き領域 32GB 以上
DVD ドライブ
Super VGA ( 800 x 600 )以上の解像度のモニター
キーボードおよびマウス(または互換性のある他のポインティングデバイス)

次ページ以降で、実際にインストールの手順を確認します。
(ここでは、アップグレードではなく、新規にWindows Serverをインストールする例を紹介します)

【1】インストールメディアをDVDドライブに挿入し、コンピューターを起動すると、以下の画面が表示されます。言語やキーコードの種類などを確認し、[次へ]をクリックします。

【2】[今すぐインストール]をクリックします。

【3】プロダクトキーを入力し、[次へ]をクリックします。

【4】通常のWindows(GUI使用サーバー)か、GUIを使用しないWindows(Server Core)のどちらでインストールするかを選択し、[次へ]をクリックします(ここではGUI使用サーバーを選択します)。

【5】ライセンス条項を読み、[同意します]チェックボックスをオンにして[次へ]をクリックします。

【6】新規インストールを行うため、[カスタム:Windowsのみをインストールする]をクリックします。

【7】インストール先ドライブを選択し、[次へ]をクリックします(パーティション分割や削除を行う場合は、この画面の[ドライブオプション]をクリックし、非表示にされているメニューを表示します)。

【8】ファイルコピーが開始されます。

【9】ローカルAdministratorのパスワード(P@ssw0rd Pは大文字、@は記号、0は数字)を指定し、[完了]をクリックします。

One Point Administratorとは

Windowsでは、既定の管理者として「Administrator」というユーザーが自動的に作成されます。Administratorは、ローカルコンピューターに対するすべての操作権限が割り当てられている、非常に重要なユーザーです。このため、Administratorを削除することはできません。新規インストール完了直後は、Administratorとしてのみサインインできます。なお、Windows Server 2008以降の初期設定では、英大文字、英小文字、数字、記号のうち、3つの種類を混在させたパスワードを指定する必要があるため、本手順ではP@ssw0rd(Pは大文字、@は記号、0は数字)というパスワードを使用しています。

【10】[Ctrl]+[Alt]+[Del]キーを押して、インストール中に指定したAdministratorのパスワード(P@ssw0rd)を使ってサインインします。

※Windows Server 2012からは、ログオン、ログアウトはサインイン、サインアウトという表現に変更されています。

One Point マイクロソフトのサーバーOS

マイクロソフトのサーバー向けOSには、以下のような歴史があります。

  • 1993年 Windows NT 3.1
  • 1994年 Windows NT 3.5
  • 1995年 Windows NT 3.51(日本語版は1996年)
  • 1996年 Windows NT 4.0
  • 2000年 Windows 2000
  • 2003年 Windows Server 2003
  • 2008年 Windows Server 2008

Windows 2000以降は、TCP/IPをはじめとする標準化された技術へのシフトや、Active Directoryなどの大規模なネットワーク環境まで対応できるディレクトリサービスの提供など方向性が大きく転換され、Windows Server 2003/2008に引き継がれています。

スケジュールガイド

ステップバイステップガイド Windows Server 2012のインストールと初期設定

エディフィストラーニングHOME